谷 健二(たに けんじ、1976年昭和51年)は、日本映画監督、舞台の演出家、映画の本の編集者京都府長岡京市出身。

たに けんじ
谷 健二
生年月日 1976年
出生地 日本の旗 日本京都府長岡京市
職業 映画監督
バーのオーナー
ジャンル 映画
舞台
テレビドラマ
出版
活動期間 2007年 -
主な作品
一人の息子
U-31
リュウセイ
テンプレートを表示

大学でデザインを専攻後、映画の世界を夢見て上京[1]。多数の自主映画に携る。その後、WEB制作会社、広告代理店に勤め、約9年間自動車会社のWebマーケティングを担当していたが、2014年平成26年)に、映画「リュウセイ」の監督を機にフリーとなる。

日本映画監督協会会員。

2014年度と2016年度の、日本映画監督協会の新人賞の候補者であった。武蔵野映画祭の発起人でもある。

作品編集

アシスタントでの参加映画編集

短編映画編集

オリジナルビデオ編集

長編作品編集

PV編集

CM編集

テレビドラマ編集

  • 「メンドル学園」(TOKYO MX、2018年)
  • 「メンドル学園2〜サバイバル・ウォーズ〜」(TOKYO MX、2018年)

ラジオ編集

  • 「渋谷のシネマ」(渋谷のラジオにて、現在も放送中・毎月第一木曜18:00〜18:55)[3]出演

舞台編集

  • 「VOTE」(2015年)
  • 「バーカットの2人芝居」シリース゛
  • 「ブルージンズ」(森下仁丹プレゼンツ第三水曜即興舞台2018で優勝)
  • 「俺たち、ヤンキー王!?~本能寺の変!?~」(2021年)

出版編集

  • 『シネフィルブック vol.1』(2018年5月発売)
  • 『シネフィルブック vol.2』(2018年12月発売)
  • 『シネフィルブック vol.3』(2019年7月発売)

脚注編集

  1. ^ 玉城裕規は令和の見目麗しき男”. 日刊スポーツ (2021年6月12日). 2021年6月12日閲覧。
  2. ^ 青春ディスカバリーフィルムVol.1 短編映画「23時59分59秒」オフィシャルサイト. (2019年1月14日閲覧)
  3. ^ 渋谷のラジオ. (2019年2月2日閲覧)

参考文献編集

外部リンク編集