メインメニューを開く

一人の息子』(ひとりのむすこ、英題:: One Son)は、2018年7月7日に公開された日本映画馬場良馬玉城裕規によるW主演で、監督はこれが長編第3作目となる谷健二

一人の息子
One Son
監督 谷健二
脚本 佐東みどり
製作 宇都木基至
出演者 馬場良馬
玉城裕規
水崎綾女
弓削智久
竹下景子
音楽 洞澤徹
主題歌 ReN「Lights」
撮影 吉田新時
制作会社 セブンフィルム
製作会社 「一人の息子」製作委員会
配給 日本の旗 セブンフィルム/トキメディアワークス
公開 日本の旗 2018年7月7日(予定)
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2017年10月群馬県にて撮影され、2018年4月7日に第32回高崎映画祭でワールドプレミアが行われた。

あらすじ編集

主人公の山内樹は、テレビのディレクターとしての仕事をこなし、淡々とした日常を過ごしている。

ある日、樹は父・正志が危篤状態で病院に運ばれたとの連絡をうける。

父とは上京してからは、あまり交流がなかったが、父子家庭だったこともあり、特別の思いを抱いていた。

地元・群馬の病院にかけつけ、叔母である郁子に久々に会う。

父親がもう長くないことを知らされ覚悟を決めていく中で、生命保険会社から受取人に関しての相談を受ける。

その内容とは、受取人の名前に樹と、もう一人の聞いたことのない男、倉田歩にも相続するとの内容であった。

倉田歩とは引越屋で働く青年で母子家庭で育った青年であった。

樹は、歩のことを調べ始めて、自分の出生の秘密を知る。

登場人物編集

山内樹
演 - 馬場良馬
主人公。テレビのディレクター。
倉田歩
演 - 玉城裕規
引越屋の社員。
樋口香織
演 - 水崎綾女
引越屋の手伝い。
新山功治
演 - 弓削智久
山内樹の上司。
三田村清太郎
演 - 篠原篤
倉田歩が務める引越屋の社長。
市宮洋介
演 - 根本正勝
倉田歩の先輩。
阿部
演 - 高崎翔太
山内樹のAD。
ササヤマ
演 - 関口アナム
取材対象となるユーチューバー
篠原綾
演 - 三城千咲
倉田歩の幼友達。
西村良夫
演 - 中野マサアキ
 
大貫
演 - 森本のぶ
山内樹の父を知る新聞記者。 
小山博和
演 - 大塚ヒロタ
保険屋。
大石亜衣
演 - 双松桃子
山内樹が務める会社の制作デスク。
遠藤
演 - 橘美緒
山内樹のAD。
大黒
演 - 有馬健太
倉田歩の同僚。
二川
演 - 三浦健人
倉田歩の同僚。
三田村翔子
演 - 三坂知絵子
引越屋の社長夫人。
三田村真由
演 - 新津ちせ
三田村翔子の娘。
病院の人(電話の声)
演 - 片桐千里
佐々木郁子
演 - 竹下景子
山内樹の父の妹。

スタッフ編集

  • 監督:谷健二
  • 主題歌:ReN「Lights」(Booost Music)[1]
  • 製作:宇都木基至
  • プロデューサー:赤間俊秀
  • 脚本:佐東みどり
  • 撮影監督:吉田新時
  • 照明:小澤雅之
  • 照明助手:八木徹
  • 録音:大塚学
  • 美術:福島奈央花
  • 助監督:佐藤亮
  • ヘアメイク:又吉桃花
  • 竹下景子・専属スタイリスト:宮本まさ江
  • 竹下景子・専属ヘアメイク:及川英子
  • キャスティング:北田由利子
  • アシスタントプロデューサー:栗原健一
  • メイキング:川上春奈
  • スチール・宣伝デザイン:尾崎康元
  • 宣伝コピー:高木俊貴
  • 音楽:洞澤徹
  • 整音ミキサー:岩波昌志(ディオス)
  • 制作主任:躰中洋蔵
  • 制作進行:山口理沙
  • 協賛:ひろかみ歯科医院/引越革命/デジコア
  • 特別協賛:アサヒ緑健
  • 製作プロダクション:セブンフィルム
  • 配給:セブンフィルム/トキメディアワークス
  • 製作:「一人の息子」製作委員会

製作編集

2017年10月に撮影された。当初、10月20日に製作発表された時は、『2人の受取人』というタイトルであった[2]

撮影終了後の11月20日に、メインの追加キャストにて、水崎綾女弓削智久篠原篤竹下景子の出演が発表された[3]。12月1日に、更に追加キャストが発表され、竹下景子関口アナムの初の親子共演であることが発表された[4]

12月13日に、タイトルが『一人の息子』に改題された[5]

2018年2月2日に、主題歌がシンガーソングライター・ReNに決定したことが発表された[6]

ロケ地編集

  • もつ焼き勝利はなれ 中目黒店
  • vivito
  • 引越革命
  • cafe あすなろ
  • るなぱあく 
  • 上毛新聞
  • コーヒーハウス K2(喫茶店)
  • ホテルサンダーソン
  • 前橋市 斎場
  • 喫茶エレガンス
  • MAEBASHI Bar宇野/UNO
  • 日高リハビリテーション病院
  • たかさき・ナイチンゲール学院
  • バスクル・こばな
  • ひろかみ歯科医院

封切り編集

2018年4月7日に第32回高崎映画祭にて、特別先行上映された。また、2018年4月15日に浅草のときわホールにて、完成披露上映イベントが行われた[7]

2018年7月7日から渋谷のユーロスペースにて、1ヶ月のレイトショー上映されることが発表された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “映画「一人の息子」の主題歌にReN「Lights」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年2月2日). https://natalie.mu/music/news/267800 2018年6月4日閲覧。 
  2. ^ “馬場良馬と玉城裕規がダブル主演務める人間ドラマ製作決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年10月20日). https://natalie.mu/eiga/news/253443 2019年2月10日閲覧。 
  3. ^ “馬場良馬×玉城裕規「2人の受取人」に水崎綾女、弓削智久、篠原篤、竹下景子が出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年11月17日). https://natalie.mu/eiga/news/257047 2019年2月10日閲覧。 
  4. ^ “馬場良馬×玉城裕規「2人の受取人」新キャストに根本正勝、高崎翔太、関口アナムら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年12月1日). https://natalie.mu/eiga/news/259011 2019年2月10日閲覧。 
  5. ^ “馬場良馬と玉城裕規のW主演作より新写真10枚解禁、追加キャスト9名も”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年12月13日). https://natalie.mu/eiga/news/260756 2019年2月10日閲覧。 
  6. ^ “馬場良馬×玉城裕規「一人の息子」新場面カット12枚公開、主題歌はReN”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年2月2日). https://natalie.mu/eiga/news/267810 2018年2月10日閲覧。 
  7. ^ “「一人の息子」完成披露、馬場良馬が「家族に3割増しで優しくしようかな」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月15日). https://natalie.mu/eiga/news/277681 2019年2月10日閲覧。 

外部リンク編集