谷川多佳子

哲学者

谷川 多佳子(たにがわ たかこ、1948年1月10日 - )は、日本の哲学者筑波大学名誉教授デカルトライプニッツなど17世紀フランス哲学が専門[1]

東京都文京区生まれ。旧姓・金丸。1972年東京外国語大学フランス語科卒、1979年パリ第1大学大学院哲学研究科近代思想修了、哲学博士。1980年札幌医科大学助教授、1985年流通経済大学助教授、1990年筑波大学教授。93年「デカルト研究 理性の境界と周縁」で筑波大学文学博士。2012年定年退任、名誉教授。

著書編集

  • 『デカルト研究 理性の境界と周縁』岩波書店 1995
  • 『デカルト『方法序説』を読む』岩波セミナーブックス 2002/岩波現代文庫 2014
  • 『主体と空間の表象 砂漠・エクリチュール・魂』法政大学出版局:《思想・多島海》シリーズ 2009

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年