株式会社リブロポートは、東京都にかつて存在した出版社である。

リブロポート
正式名称 リブロポート
現況 1998年平成10年)5月消滅
種類 消滅した株式会社
設立日 1980年昭和55年)4月
代表者 堤清二
本社所在地 日本の旗 日本東京都豊島区東池袋
テンプレートを表示

概要編集

セゾングループの出版社として1980年昭和55年)4月から1998年平成10年)5月まで活動した。全国展開の書店チェーン「リブロ」と同系列であった(リブロは、経営母体が変わり縮小されたが、リブロポート閉鎖後も全国各地に店舗を展開している)。

本社は、東京都豊島区東池袋に置かれていた。堤清二による肩入れが大きく、堤のもとでの西武百貨店パルコなどの経営が傾いたことで、セゾングループの出版事業は、セゾン美術館と併せ、1998年(平成10年)8月に閉鎖された。

評価編集

リブロポートは美術写真系関連の出版で顕著な業績を残し、他にも世界史などの人文科学系や社会科学系など複数のジャンルで全850点近くを出版した。大部な作品集に、写真集ではハンス・ベルメールイリナ・イオネスコヘルムート・ニュートンブラッシャイなど、シュルレアリスム20世紀絵画集では、アンディ・ウォーホルエゴン・シーレピエール・クロソフスキーバルテュスピエール・モリニエなど、現代日本画集では野又穫鈴木英人丸尾末広山本タカト正子公也などがある。また、洋画邦画双方の映画関連書籍も多く出版された。異色なものとして、堤清二が資料を提供し経済史学者に分析させた堤康次郎の評伝(1996年(平成8年))がある。

セゾングループには、「トレヴィル」という美術書の出版社(1985年昭和60年) - 1998年(平成10年))もあった。トレヴィルが刊行する画集など図版本や美術書は、リブロポートが発売した。トレヴィルの書籍には、古書価として高値で取引される美術書が複数あるほか、中公文庫ちくま学芸文庫河出書房新社などで改訂再刊された書籍もある。トレヴィルの出版事業は、エディシオン・トレヴィル社(東京都渋谷区)が引き継いでいる。

主なシリーズ出版編集

  • 『冒険の世界史』 - 一部がちくま学芸文庫中公文庫で再刊
  • 『ピナコテーカ・トレヴィル・シリーズ』 - モンス・デジデリオほか全10巻 古書の揃いは高価
  • 『リブロの絵本』 - 18年間で120点余りを刊行
  • シリーズ民間日本学者』 - 1986年(昭和61年) - 1995年(平成7年)まで40数点を刊行
  • 『社会科学の冒険』 - 24点を刊行
  • 『Music today : biannual series for music & arts』- 季刊、現代音楽誌。no.17(1992年(平成4年)) - 。『Music today quarterly = 今日の音楽』の後続誌。

外部リンク編集