谷津山(やつやま)は静岡県静岡市葵区にあるである。標高107.9メートル。

谷津山
賤機山から見た谷津山(手前の山)。奥の山は日本平
標高 107.9 m
所在地 日本の旗 日本 静岡県静岡市葵区
位置 北緯34度59分0秒 東経138度24分5秒 / 北緯34.98333度 東経138.40139度 / 34.98333; 138.40139座標: 北緯34度59分0秒 東経138度24分5秒 / 北緯34.98333度 東経138.40139度 / 34.98333; 138.40139
谷津山の位置(静岡県内)
谷津山
谷津山 (静岡県)
プロジェクト 山
テンプレートを表示
国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成1983年。

特色 編集

静岡市街地の東側にある里山[1]。東西約2km、南北約0.6kmほどに広がっている。子供たちのピクニックやハイキング、大人の散策の場所として静岡市民に利用されている。頂上付近には神社、アスレチック遊具、NHK静岡が1959年まで使用していたラジオ送信用の鉄塔(後、東海大学に譲渡)、谷津山古墳(全長約110メートルの前方後円墳)がある。

歴史 編集

かつて谷津山は統一された名前がなく、峰によって(西から)清水山、柚木山(谷津山の「山頂」にあたる)、正木山、愛宕山と呼ばれていたが、明治以降これらを一つの山とするとともに、南麓にあった「柚木谷津村」の谷津の文字をあてて『谷津山』に改称された[2]

谷津山の再生 編集

近年、谷津山は管理放棄に伴って発生した竹やぶが広がり、市民の憩いの場所としてだけではなく、景観や保水などとしても問題になりかねない状態が発生してきた。そのため、市民有志によるグループ「谷津山再生協議会」が2006年に発足し、竹林の伐採や野鳥観察、子供向けの遊具設置などを通じて、谷津山が「里山」として相応しい環境を取り戻すサポートを続けている。

ギャラリー 編集

周辺施設 編集

脚注 編集

  1. ^ 所在は大部分が葵区沓谷で、音羽町、瓦場町、沓谷一丁目、春日三丁目、柚木、宮前町にもかかっている。
  2. ^ 谷津山ハイキングコース案内マップ”. しずおか焼津信用金庫. 2023年8月21日閲覧。

外部リンク 編集