メインメニューを開く
豊川手筒まつりでの手筒花火
豊川手筒まつりの会場入口(会場内から撮影)
会場周辺図

豊川手筒まつり(とよかわてづつまつり)は、愛知県豊川市で毎年8月下旬に行われる花火大会である。おいでん祭とともに「豊川市民まつり」と位置づけられている。

東三河地方の伝統花火である手筒花火がメインだが、それ以外の普通の打ち上げ花火なども見ることができる。

概要編集

豊川手筒まつりは1988年(昭和63年)に豊川市制45周年記念事業として始められた。市内各連区の神社で奉納・受け継がれてきた手筒煙火を後世に長く継承させるため1ヶ所に集約し、豊川市中心部にある豊川公園の陸上競技場で開催される。約2時間にわたって数百本の手筒煙火が披露され、観客席からは拍手がわき起こる。約2000発の打ち上げ花火も打ち上げられる。

会場である陸上競技場には市民などが詰めかけ、身動きができないほどになる。来場者数は約8万人で、陸上競技場の周辺には屋台も並ぶ。

手筒花火は陸上競技場に設けられたステージ、打ち上げ花火は陸上競技場の隣にある野球場で打ち上げられ、安全のため野球場周辺は立ち入りが規制される。野球場と総合体育館の間にはケヤキ並木があるが、ここもほとんどの区間が立入禁止となり、一部の区間は歩行者天国となる。

手筒まつりへの入場は無料であるが、人が多いため、座ったり写真を撮ったりすることができないことが多い。そのため、有料で桟敷席とスタンド席に座ることができる。桟敷席は1人分で1,000円~1,500円、スタンド席は1人分で1,500円である。なお、スタンド席での三脚の使用は禁止されている。

また、使用した手筒は陸上競技場のスタンド席入口にて1本1,000円で販売されている。厄除け・家内安全などの御利益があるとされ、玄関に飾られることが多い。

開催日時編集

  • 8月の第4土曜日、豊川市陸上競技場にて(2011年からは豊川市野球場)[1]
  • 17:00~22:00ごろ(花火の打ち上げは18:45ごろからで、それまでは市民おどりなどが開催されている)
  • 雨天の場合は翌日(日曜日)に順延
  • 主催:豊川市民まつり協議会、豊川手筒まつり実行委員会

アクセス編集

  • 鉄道・バス
    • 名鉄豊川線 諏訪町駅より徒歩約5分
    • 豊鉄バス 豊川線・新豊線 「豊川体育館前」または「豊川市役所前」下車
      • 終バスは早い(20時台)ので、まつりを最後まで見たい場合は電車を利用することになる。
    • 諏訪公共駐車場(立体)、豊川市役所、免許センター駐車場などが利用できる
      • ただし、なるべく公共交通機関を利用するよう呼びかけている。

備考編集

豊川市内ではほかに豊川夏まつり御油夏まつり国府夏まつりなどで手筒花火を見ることができる。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集