賀茂宮

後水尾天皇の皇子

賀茂宮(かものみや、元和4年10月5日1618年11月21日) - 元和8年10月2日1622年11月4日))は、江戸時代前期の皇族後水尾天皇の第一皇子。母は典侍四辻与津子(お与津御寮人)。同母妹に文智女王がいる。

賀茂宮
続柄 後水尾天皇第一皇子

出生 元和4年10月5日1618年11月21日
死去 元和8年10月2日1622年11月4日)(享年5)
埋葬 二尊院
父親 後水尾天皇
母親 四辻与津子
テンプレートを表示

生涯編集

後水尾天皇の第一皇子として生まれた。この年には徳川秀忠の娘・和子が入内する予定だったが、賀茂宮の誕生により延期される事となった。また、翌年には梅宮(後の文智女王)が生まれて再び延期となったため、不行跡として母与津子と妹梅宮は宮中より追放させられ、伯父四辻季継高倉嗣良を含む公卿にも流罪や出仕差し止めの処分が下された(およつ御寮人事件)。このような不祥事があったためか、賀茂宮は一部の系図史料(『本朝皇胤紹運録』など)に掲載がされていない。

その後、賀茂宮は1622年(元和8年)10月2日(新暦:11月4日)、成人することなく薨去。戒名は景雲院諦月英秋。

墓地は京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町の二尊院