赤坂マリア

日本の政治家

赤坂 マリア(あかさか まりあ、1970年2月27日 - )は、日本政治家実業家トランスジェンダーを公表して2019年の京都府亀岡市議会議員選挙に立候補し、トップ当選を果たした[1]

赤坂 マリア
あかさか まりあ
生年月日 (1970-02-27) 1970年2月27日(50歳)
出生地 大阪府高槻市
所属政党 無所属
公式サイト 赤坂マリア.net

当選回数 1回
在任期間 2019年2月5日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

大阪府高槻市出身[2]。本名は「岩 熾昷」[3]。子供のころから男性であることに違和感を覚えていたという。バンドをやっていた高校時代は女子生徒の人気を集めたが、同級生の男子に憧れていることに気づき、内面は女性だと確信した[4]

土建業を経て、飲食業界で多忙を極めていた27歳の頃、居眠り運転で自動車事故を起こした。3日間にわたって意識を失う重傷を負い、この事故がきっかけとなり性別適合手術を受けた。

OSK日本歌劇団出身のプロにダンスを習い、大阪市淀川区西中島のショーハウスで活躍。男女問わず、ファンの人気を集めた[4]。ショーハウスの経営者としてディナーショーなどの構成や演出までこなした。2009年(平成21年)に祖父母の介護のため京都府亀岡市に移住。2013年(平成25年)からサービス付きの高齢者向け住宅を経営する。

2018年(平成30年)、介護の経験から「高齢者が楽しめるまちに変えたい」と翌年の亀岡市議会議員選挙への立候補を決意。市選挙管理委員会は戸籍に基づき、候補の性別を公表することを知り、悩んだ末、同年10月、家庭裁判所にて女性への性別変更を行った[5]

2019年(平成31年)1月27日執行の亀岡市議会議員選挙に無所属で立候補し、トップ当選を果たした。当選後、「性で悩み、苦しむ人のバリケードに」と語った。市議会では会派「緑風会」に所属[6]

2020年(令和2年)6月16日、市議会定例会の一般質問で、「亀岡でも私のところに相談に来る人が多い」と性的少数者の現状を説明した上で、同性カップルが婚姻と同等の扱いを受けられる「パートナーシップ宣誓制度」の導入予定の有無を質問。桂川孝裕市長は「同年度中に導入する」と答弁した[7]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集