メインメニューを開く

赤松 智城(あかまつ ちじょう、1886年12月23日 - 1960年3月12日)は、宗教学者。

赤松 智城
人物情報
生誕 1886年12月23日
日本の旗 日本 山口県浄土真宗の徳応寺)
死没 (1960-03-12) 1960年3月12日(73歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 第五高等学校
京都帝国大学文科大学
両親 父:赤松照憧(与謝野礼巌の子、与謝野鉄幹の実兄)
学問
研究分野 宗教学
研究機関 京城帝国大学
山口大学
博士課程
指導教員
松本文三郎
主要な作品 『宗教研究』(1916年)
『朝鮮巫俗の研究』(秋葉隆共編)他多数
学会 宗教研究会
脚注
兄弟姉妹に、赤松克麿赤松常子赤松五百麿がいる。
テンプレートを表示

経歴・人物編集

山口県出身。浄土真宗の徳応寺に生まれる。赤松連城の孫。父・赤松照憧(1854-1921)は与謝野礼巌の子として生まれ、連城の養子となる。父の実弟が与謝野鉄幹。智城の兄弟姉妹に赤松克麿赤松常子赤松五百麿第五高等学校を卒業、1910年京都帝国大学文科大学宗教学科を卒業。松本文三郎に師事した。1920年〜1923年にヨーロッパに留学。1927年京城帝国大学教授。1941年依願免官し山口へ帰り、戦後山口大学教授に就任[1]

業績・研究編集

  • 1915年、宗教研究会を設立。
  • 1916年『宗教研究』を創刊。朝鮮、モンゴルなどの宗教を研究、秋葉隆と『朝鮮巫俗の研究』を刊行した[2]

著書編集

  • 『輓近宗教学説の研究』同文館 1929
  • 『現代の宗教哲学』文科大学講座 イデア書院 1929
  • 『宗教史方法論』共立社 1932

共著編集

  • 『朝鮮巫俗の研究』秋葉隆共編 大阪屋号書店 1938
  • 『満蒙の民族と宗教』秋葉隆共著 大阪屋号書店 1941

翻訳編集

  • エミル・ブートルー『現代哲学に於ける科学と宗教』宇野円空共訳 博文館 1919
  • シー・エッチ・トーイ『宗教史概論 上巻』宇野円空共訳 博文館 1922

脚注編集