メインメニューを開く

越前府中城(えちぜんふちゅうじょう)は、越前国南仲条郡(後の南条郡、現在の福井県越前市)にあった城。別名は越府城(えつふじょう)。

越前府中には元々越前国の国府守護所があったと推定されているが、戦国時代に越前を支配した朝倉氏一乗谷を本拠として、府中には奉行を派遣していた。

朝倉氏の滅亡後の天正3年(1575年)に織田信長によって府中を与えられた前田利家日野川を堀として利用して本格的な城を築城した。利家は日野川を外堀として利用し、総社大神宮を移転させて南北180m・東西100mの2重の堀を持った平城を築いた。

利家が能登国に封じられると、改めて前田利長(利家の嫡男)に府中城が与えられ、賤ヶ岳の戦い後に越前が丹羽長秀に与えられると利長は加賀国松任城に移された。長秀の没後に丹羽家が減封されると、木村重茲青木一矩が城主となった。

関ヶ原の戦い後に越前国が結城秀康に与えられると、その重臣である本多富正が越前府中城に入って改築した。2層の天守閣があったとされるが、本来ならば一国一城令の対象として廃止されるはずであるが、本多家は幕府より附属させられた大名格式の御附家老であったため、特例のひとつとして認められた。この経緯により「城」ではなく「御館」、または天崇院(勝姫)が松平忠直に輿入れの際、当城を休憩所として使用して以降「御茶屋」と称せられた。また、藤垣がめぐらされていたことから、藤垣城(ふじがきじょう)という愛称でも呼ばれた。

明治維新以降に堀は埋められて城跡は小学校の敷地となり、更にその跡地に武生市役所(平成の大合併によって越前市役所に転用)が建設された際に城跡は完全に破壊されて、現在は市庁舎と武生駅から越前市役所へと伸びる大通りとして完全に整地されている。

参考文献編集

  • 『日本歴史地名大系 18 福井県の地名』 平凡社、1981年。ISBN 4582490182。 P434-435「府中城跡」