メインメニューを開く

天崇院(てんすういん、慶長6年5月12日1601年6月12日) - 寛文12年2月21日1672年3月20日))は、安土桃山時代から江戸時代初期の女性。徳川秀忠の三女で徳川家康の内孫。母は継室の松平忠直の正室。忠直とは従兄妹同士でもある。名は勝姫(かつひめ)、通称は高田様高田の御方完子は異父姉、千姫珠姫は実姉、徳川家光徳川忠長は実弟、保科正之は異母弟、初姫東福門院(和子)は実妹。

人物編集

関ヶ原の戦いの翌年の慶長6年(1601年)、江戸城西の丸で誕生した。慶長16年(1611年)、従兄で越前国福井藩主の忠直(伯父・結城秀康の嫡男)と結婚する。元和元年(1615年)に光長、元和3年(1617年)に亀姫、元和4年(1618年)に鶴姫を生む。

伝承ではその後、夫の忠直は心を病み、元和8年(1622年)には勝姫を斬り殺そうとした。この時は勝姫の侍女2人が身代わりとなって助かった、などとする話が伝わる。元和9年(1623年)、忠直は乱行を理由に秀忠から豊後国での隠居を命じられ(「松平忠直」項目参照)、弟の松平忠昌が福井藩を相続することとなり、勝姫と忠直の子の光長は越後高田藩に移された。勝姫はこれに同行せず、江戸の越後高田藩藩邸に子供3人と共に移り住んだ。

勝姫は大変気の強い女性だったといわれ、勝姫の孫に当たる国姫(光長の娘)の嫁ぎ先である福井藩松平光通の後継者問題に光長と共に強く介入した結果、光通と国姫が共に自殺、光通の庶子直堅出奔するという悲劇を招いた。

寛文12年(1672年)、江戸の高田藩邸で死去、享年72。墓所は東京都港区西久保天徳寺。戒名は天崇院穏誉泰安豊寿大善女人。

息子の光長は越後高田藩主となったが後に越後騒動で改易。長女亀姫高松宮好仁親王に嫁ぎ、次女鶴姫九条道房[1]に嫁いだ。

脚注編集

  1. ^ 勝姫の異父姉・豊臣完子九条幸家の嫡男

参考文献編集

  • 山本博文『徳川将軍家の結婚』(文芸新書、2005年)
  • 「幕府祚胤伝」(『徳川諸家系譜2』)