趙 幼悟(ちょう ようご、1044年1月18日 - 1045年5月20日)は、北宋仁宗の八女。

趙幼悟
続柄 仁宗第八皇女

全名 趙幼悟
称号 斉国長公主(追贈:荘慎大長帝姫)
道号:保慈崇祐大師
身位 公主→長公主
出生 慶暦3年12月10日(1044年1月18日)
死去 慶暦5年4月25日(1045年5月20日)
父親 仁宗
母親 美人張氏
テンプレートを表示

経歴編集

美人張氏(前に修媛、後に貴妃・温成皇后となった)の三女として生まれた。荘順帝姫荘定帝姫の同母妹である。

張氏が幼悟を妊娠中に、次姉の宝和公主(後の荘定帝姫)が死去し、自身も病となり、美人への降格を求めた。慶暦3年12月10日(1044年1月18日)、幼悟は生まれた。慶暦4年12月12日(1045年1月8日)に出家し、保慈崇祐大師の道号を贈られた。

慶暦5年4月5日(1045年4月30日)、鄧国公主に封ぜられた。同月23日(5月18日)に還俗し、斉国長公主[1]に進んだが、2日後(5月20日)に死去し、韓国公主の位を追贈された。

嘉祐4年12月(西暦で1060年)に燕国公主の位を再追贈された。治平元年(1064年)6月、再従兄の英宗から秦国長公主の位を再追贈された。元符3年(1100年)3月、徽宗から唐国大長公主の位を再追贈された。政和4年(1114年)12月、荘慎大長帝姫の位を再追贈された。

伝記資料編集

  • 『皇第八女保慈崇佑大師幼悟封鄧国公主仍旧師号制』
  • 『鄧国公主進封斉国長公主制』
  • 『皇第八女追封韓国公主石記文』
  • 『宋会要輯稿』

脚注編集

  1. ^ 「長公主」は皇帝の姉妹や娘の中で尊崇を受けた者につけられた封号。