足立 康(あだち やすし、1936年11月26日 -2021年1月8日)は、日本のアメリカ史学者、翻訳家青山学院女子短期大学名誉教授。

人物・来歴編集

東京生まれ。静岡県田方郡出身[1]慶應義塾大学文学部英文科卒、同大学院修士課程修了、アメリカテキサス大学オースティン校アメリカ文明学科博士課程修了。青山学院女子短期大学教授を務めた。1958年、「宝石の文学」で第1回群像新人文学賞評論部門受賞。

足立光日本マクドナルドチーフ・マーケティング・オフィサー、元シュワルツコフヘンケル社長)は子[1]詩人小柳玲子は中学校・高校の同級生。

2021年1月8日、肝臓がんのため死去[2]

著書編集

翻訳編集

脚注編集