メインメニューを開く

足立 康(あだち やすし、1936年11月26日 - )は、日本のアメリカ史学者、翻訳家青山学院女子短期大学名誉教授。

東京生まれ。静岡県田方郡出身[1]慶應義塾大学文学部英文科卒、同大学院修士課程修了、アメリカテキサス大学オースティン校アメリカ文明学科博士課程修了。青山学院女子短期大学教授を務めた。1958年、「宝石の文学」で第1回群像新人文学賞評論部門受賞。

足立光日本マクドナルドチーフ・マーケティング・オフィサー、元シュワルツコフヘンケル社長)は子[1]

詩人の小柳玲子は中学校・高校の同級生。

著書編集

  • 雑記帖のアメリカ 慶應義塾大学出版会 2001年

翻訳編集

  • 現代アメリカ短篇集 金星堂 1964年
  • 二輪馬車の秘密 フアーガス・ヒューム 江藤淳共訳 新潮文庫 1964年
  • 生きている日本 ドナルド・キーン 江藤淳共訳 朝日出版社 1973年
    • 果てしなく美しい日本 ドナルド・キーン 講談社学術文庫 2002年 改訳版
  • わが秘められた生涯 サルバドール・ダリ 新潮社 1981年
  • 人物アメリカ史 上・下 ロデリック・ナッシュ/グレゴリー・グレイヴズ 新潮選書 1989年、講談社学術文庫 2007年
  • モヒカン族の最後 J・F・クーパー 福音館書店 1993年
  • 努力の証 第八代国連事務総長潘基文物語 辛雄鎮 辛美鎮共訳編 ダイヤモンド社 2008年

脚注編集