足立 正声(正聲、あだち まさな、1841年11月5日(天保12年9月22日[1][2])- 1907年明治40年)4月19日[1])は、日本武士鳥取藩士)、官僚華族男爵。字・興卿、通称・八蔵[3]。雅号・老狸、天瀑、克己斎、礫室、碌々山房、楽石山人、鼓腹庵、古狸窟[3]

経歴編集

因幡国邑美郡鳥取庖丁人町(現鳥取県鳥取市)で、鳥取藩士・足立次郎八中和の二男として生まれる[1][3]文久元年(1861年)学正堀庄次郎(熙明、敦斎)の推挙で江戸芳野金陵に学ぶ[3][4]。文久2年(1862年)冬、国事周旋方に就任[3][4]

文久3年8月17日1863年9月29日)本圀寺事件に参加したため、京都藩邸に拘留され、伯耆国日野郡黒坂、鳥取に幽閉された[5]第二次長州征討が始まり、慶応2年7月1866年)幽閉先の荒尾直就邸から同志と共に脱出し、長州藩諸隊の南園隊に加わり、備前京都で活動して長州藩のために周旋し、大村益次郎から西洋軍学を学んだ[3][4][5]。明治元年(1868年)赦されて帰藩し歩兵報国隊副督に就任した[3][5]

明治元年7月12日(1868年8月29日)明治政府に出仕し刑法官御雇となる[6]。以後、刑法官書記、判事試補、刑部中判事、弾正少忠、伊那県大参事浜田県大参事、神祇省権大録、教部少丞、兼三等法制官、内務少書記官、社寺局長などを歴任[6]

1878年3月6日、宮内省に転じ少書記官となる[6]。以後、御陵墓掛、宮内権大書記官、兼内廷課長、諸陵助、兼宮内書記官、帝室会計審査局主事、東宮主事、東宮亮、兼諸陵頭、兼式部官、兼主猟官、兼内大臣秘書官、兼調査課長、兼図書頭などを歴任した[6][7]

1906年12月15日、その功により男爵を叙爵した[1][8]

栄典編集

親族編集

  • 養嗣子 足立豊(貴族院男爵議員、田口贇郎五男)[1]
  • 長女 正(神山閏次の妻)[1]
  • 三女 暢子(のぶこ、足立豊の妻)[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『平成新修旧華族家系大成』上巻、35頁。
  2. ^ 『明治維新人名辞典』29頁では「九月二〇日」生。
  3. ^ a b c d e f g 『明治維新人名辞典』29頁。
  4. ^ a b c 『幕末維新大人名事典』上巻、47頁。
  5. ^ a b c 『三百藩家臣人名事典 5』304頁。
  6. ^ a b c d 『百官履歴 下巻』510-513頁。
  7. ^ 「主猟官兼諸陵頭正四位勲三等男爵足立正声」
  8. ^ 『官報』第7041号、明治39年12月17日。
  9. ^ 『官報』第3918号「叙任及辞令」1896年7月21日。
  10. ^ 『官報』第5415号「叙任及辞令」1901年7月22日。
  11. ^ 『官報』第6926号「叙任及辞令」1906年7月31日。

参考文献編集


公職
先代:
戸田氏共
川田剛
  諸陵
1901年 - 1907年
1893年 - 1896年
次代:
山口鋭之助
矢野文雄
先代:
勝間田稔
  図書
1906年 - 1907年
次代:
山口鋭之助
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
足立(正声)家初代
1906年 - 1907年
次代:
足立豊