戸田 氏共(とだ うじたか)は、江戸時代末期(幕末)の大名明治から昭和期の華族美濃国大垣藩第11代藩主。大垣藩戸田家12代。位階勲等爵位従一位勲一等伯爵官職はオーストリア=ハンガリー全権公使、式部長官など。

 
戸田氏共
Ujitaka Toda.jpg
戸田氏共(『華族画報』より)
時代 江戸時代末期(幕末) - 昭和時代
生誕 嘉永7年6月29日1854年7月23日
死没 1936年昭和11年)2月17日
戒名 慶徳院殿
墓所 東京都文京区向丘蓮光寺
官位 従四位下、采女正、侍従
従一位勲一等伯爵
幕府 江戸幕府
美濃大垣藩主→大垣藩知事
氏族 大垣戸田家
父母 父:戸田氏正、母:親姫(島津重豪の十女)
養父:戸田氏彬
兄弟 氏彬氏良氏共氏寛氏益
正室:極子岩倉具視の三女)
孝子(細川護成正室)、米子(戸田氏秀正室)、幸子(松平直平継室)、富子(戸田氏秀継室)
養子:戸田氏秀

生涯編集

嘉永7年(1854年)7月23日、第9代藩主戸田氏正の五男として生まれる。慶応元年(1865年)10月3日、長兄の第10代藩主氏彬の病死により、その末期養子として家督を継いだ。翌慶応2年(1866年)7月19日、従五位下采女正に叙任する。慶応4年(1868年)1月10日、鳥羽・伏見の戦いの敗戦により、新政府から朝敵として入洛禁止を命じられた。そうした状況のなか、家老の小原鉄心が藩論を勤王・恭順にまとめ上げた。同年1月16日、氏共は直ちに上洛して新政府に謝罪し、官軍の東山道鎮撫使の先鋒役を務めることになった。4月15日、正式に朝敵から除外され、戦後は一転して賞典禄が授与された。

明治2年(1869年)6月18日、大垣藩知事に就任する。明治3年(1870年)閏10月19日、大学南校への入学を願う。明治4年(1871年)2月、アメリカ留学のために知藩事職を辞任する。同年4月4日に横浜港を出発し、弟氏益らも同行した。

帰国後の1879年(明治12年)10月に文部省御用掛を命じられた。1884年(明治17年)、伯爵を授けられる。1886年(明治19年)3月に公使館参事官、1887年(明治20年)5月に弁理公使と累進し、同年6月にオーストリア=ハンガリー全権公使となった。さらに、1892年(明治25年)に宮内省の狩猟官、1897年(明治30年)に諸陵頭兼主猟官、1898年(明治31年)に式部官兼狩猟官、1900年(明治33年)5月に宮中顧問官、1905年(明治38年)9月に式部長、1908年(明治41年)1月に式部長官となった。1907年(明治40年)11月、勲一等瑞宝章受章。1921年(大正10年)10月、式部長官を退任する。1928年(昭和3年)2月1日、麝香間祗候を仰せ付けられた[1]

1936年(昭和11年)2月17日、旧大名の中でも長寿の83歳で死去した。戸田一西以降の歴代当主とともに大垣の常葉神社において祭神として祀られている。婿養子の氏秀大河内輝声の四男)は早世していたため、外孫の氏忠(氏秀の四男)が家督を継いだ。

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第327号、昭和3年2月2日。
  2. ^ 『官報』第2187号「叙任及辞令」1890年10月11日。
  3. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  4. ^ 『官報』第610号「賞勲叙任」1885年7月14日。
  5. ^ 『官報』第4198号「叙任及辞令」1897年7月1日。
  6. ^ 『官報』第7194号「叙任及辞令」1907年6月24日。
  7. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  8. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧(戦前の部)
  9. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧(戦前の部)
  10. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  11. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日桐花大綬章受章者一覧
  12. ^ 『官報』第6433号「叙任及辞令」1904年12月8日。
 
戸田伯爵家の岐阜本邸
日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
大垣戸田家初代
1884年 - 1936年
次代:
戸田氏忠