メインメニューを開く

輸出入・港湾関連情報処理センター

輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社(ゆしゅつにゅう・こうわんかんれんじょうほうしょりセンター、Nippon Automated Cargo And Port Consolidated System, Inc.、NACCSセンター)は、国際輸出入貨物に関する税関手続きの電子情報システム(NACCS)の運営管理を行っている特殊会社である。電子情報処理組織による輸出入等関連業務の処理等に関する法律(昭和52年法律第54号)に基づき設立されている。所管部局は、財務省関税局総務課事務管理室。

輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社
Automated Cargo And Port Consolidated System, Inc.
種類 株式会社特殊会社
機関設計 監査役会設置会社
略称 NACCS
本社所在地 日本の旗 日本
212-0013
神奈川県川崎市幸区堀川町580番地
ソリッドスクエア西館8階
設立 2008年10月1日
業種 情報・通信業
法人番号 3020001081423
事業内容 輸出入等関連業務を迅速かつ的確に処理するため、これに必要な電子情報処理組織の運営に関する業務を営むこと
代表者 服部 剛(代表取締役社長)
資本金 10億0百万円
発行済株式総数 10,000株
売上高 80億70百万円(2019年3月期)
営業利益 9億64百万円(2019年3月期)
経常利益 8億03百万円(2019年3月期)
純利益 4億95百万円(2019年3月期)
純資産 63億88百万円(2019年3月31日現在)
総資産 191億33百万円(2019年3月31日現在)
従業員数 102名(2019年3月31日現在)
支店舗数 3事務所
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
主要株主 財務大臣 50.01%
日本通運株式会社 19.90%
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 5.00%
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 2.00%
国際空港上屋株式会社 2.00%
株式会社辰巳商會 2.00%
株式会社インターネットイニシアチブ 1.5%
大東港運株式会社 1.2%
外部リンク http://www.naccs.jp/
テンプレートを表示

目次

事業所編集

沿革編集

関連項目編集

外部リンク編集