メインメニューを開く

辻村 麻乃(つじむら まの、1964年12月22日 - )は、東京都港区出身の俳人

大野林火に師事をしていた祖母、笹尾操に中学生の頃に俳句の手解きを受けるものの暫く離れ、1994年に母である岡田史乃の「篠(すず)」に入会する。そののち、岩淵喜代子の「ににん」の創刊と同時に同人となる。永田満徳や五島高資の超結社句会「俳句大学」にも参加。

2016年より宇都宮市の蓮の俳句大会選者を務める。

「篠」主宰。俳人協会埼玉県支部事務局、世話人。「俳句大学」講師。現代俳句協会会員。

2006年に第1句集『プールの底』(角川書店2018年に第2句集『るん』(俳句アトラス)を出版。 第ニ句集『るん』により第15回日本詩歌句随筆評論大賞特別賞を受賞。 詩人の岡田隆彦は父である。

ブログ 俳句雑誌 「篠(すず)」

脚注編集