迷路探偵ピエール

迷路探偵ピエール』(めいろたんていピエール、:Pierre the Maze Detective)は、カミガキヒロフミ&IC4DESIGN作、丸山ちひろ文による日本絵本シリーズ。

概要編集

パズル好きの「迷路探偵」こと主人公ピエールと助手のカルメンによる冒険が描かれる作品。主に見開き2ページで一つの大きな絵となっており、そこに描かれている群衆や建物などで形作られた迷路を辿りながら読み進めていく。

日本だけでなく世界30か国以上で発売されており、2021年6月時点で累計85.8万部を売り上げている[1]。また、後述のようにシリーズ1作目『迷路探偵ピエール 〜うばわれた秘宝を探せ!〜』を基にしたゲームソフトフランスの会社により開発された。

遊び方編集

見開き2ページの絵の中には非常に多くの人物などが細かく描かれており、まずはこの中からピエールを探し出す。発見後はピエールがいる場所をスタート地点として迷路を辿っていき、ゴール地点を目指す。

ゴールへの到達のほかに、以下のような特別な目標が設定されている。

  • かくしアイテム - 各所に配置されている「ゴールドスター」や赤いトロフィー、宝箱などを見つける。
  • 探しもの - 人々が探している特定のものを見つける。
  • 怪盗Xからの挑戦状 - 大泥棒の「怪盗X」が課した条件を達成する。

シリーズ一覧編集

いずれも永岡書店より発売。

迷路探偵ピエール 〜うばわれた秘宝を探せ!〜
2014年3月発売、ISBN 9784522432631
全てを迷路に変えてしまうオペラシティーの秘宝「迷路ストーン」を盗んだ怪盗Xの後を追う。
迷路探偵ピエール 摩天楼の秘宝をまもれ!
2017年3月発売、ISBN 9784522435304
メイズタウンに建つ高層ビル「メイズタワー」の最上階にある秘宝「メイズキューブ」を狙う怪盗Xの犯行を阻止するべくビルの内部を進む。
迷路探偵ピエール 水の街の秘宝を追え!
2020年11月発売、ISBN 9784522438671
水の街カナルシティを進み、その先にある「天空の城」の秘宝のもとへ向かう。

ゲームソフト編集

迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ
Labyrinth City:
Pierre the Maze Detective
対応機種 Steam (Windows)
Nintendo Switch
開発元 Darjeelin
発売元 Pixmain
プロデューサー Léa Pernot
ディレクター Noam Roubah
Marc Lustigman
デザイナー Paul Vaille
Arthur Pilewicz
シナリオ Wladimir Anselme
プログラマー André Berlemont
Julien Liauzun
Enki Londe
音楽 Xavier Thiry
人数 1人
発売日 Steam:2021年6月22日
Switch:2021年7月15日
対象年齢 IARC:3+
ESRBE(6歳以上)
PEGI3
USK:0
テンプレートを表示

迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ』(英:Labyrinth City: Pierre the Maze Detective)は、フランスのゲームソフト開発会社Darjeelinが開発しPixmainより発売されたゲームソフト。

絵本1作目の『迷路探偵ピエール 〜うばわれた秘宝を探せ!〜』を基にアレンジを加えた内容で、ピエールを操作して迷路を辿っていく。イラストは全体的にアニメーションしており、キャラクターとの会話要素や物を調べると反応が返ってくる要素もある。

受賞・ノミネート編集

  • indiePlay 2020 「最佳海外作品(最優秀海外作品)」ノミネート[2]
  • IndieCade 2020 「Visual Design Award」受賞[3]
  • Game Connection Asia 2020 - Indie Development Awards 「Best quality of art」受賞[4]
  • Digital Dragons Indie Celebration 2021 ノミネート[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 迷路探偵ピエール、ゲーム発売 - IC4DESIGNのプレスリリース”. Value Press (2021年6月7日). 2021年7月26日閲覧。
  2. ^ 2020 indiePlay中国独立游戏大赛入围名单公布!11月15日WePlay现场揭晓最终大奖!” (中国語). indiePlay (2020年9月18日). 2021年7月26日閲覧。
  3. ^ AWARDS WINNING GAMES” (英語). IndieCade. 2021年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月26日閲覧。
  4. ^ Game Connection Asia 2020 - Indie Development Awards” (英語). Game Connection. 2021年7月26日閲覧。
  5. ^ Indie Celebration 2021 finalists” (英語). Digital Dragons. 2021年7月26日閲覧。

外部リンク編集