メインメニューを開く

逃がれの街』(のがれのまち)は、日本推理作家ハードボイルド作家北方謙三の長編ハードボイルド小説、及び日本映画

目次

概要編集

1979年、短編が文芸誌に掲載されるだけだった“純文学作家”北方謙三が、初めて執筆した長編エンターテイメント小説である。執筆時のタイトルは『ふたりだけの冬』。原稿用紙850枚(本人は1000枚以上と記憶)の大長編で、商品にならないと判断され、出版されなかった。なお、処女出版作である『弔鐘はるかなり』は、長編としては3本目に脱稿したものになる。

その後、全面的な改稿を施し、『逃がれの街』と改題、1982年に出版された。

平凡な毎日を送っていた男が、トラブルに巻き込まれて自らも狂気を抱いていく姿を描く。

1983年東宝で映画化された。監督工藤栄一、主演水谷豊による。

あらすじ編集

仲間を殴ってバイトをやめた幸二はヤクザ2人を殺し、軽井沢に行き着く。

出版履歴編集

映画編集

逃がれの街
監督 工藤栄一
脚本 工藤栄一
古田求
原作 北方謙三
出演者 水谷豊
坂本浩之
甲斐智枝美
音楽 柳ジョージ
配給 東宝
公開   1983年10月15日
上映時間 120分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1983年10月15日公開。配給は東宝。

スタッフ編集

キャスト編集

外部リンク編集