小池朝雄

小池 朝雄(こいけ あさお、1931年3月18日 - 1985年3月23日)は、日本俳優声優ナレーター。代表作のひとつである『刑事コロンボ』など、洋画海外ドラマ吹き替えを担当した。アニメ『あしたのジョー』のエンディングテーマ「ジョーの子守唄」では歌手を務めた。東京府出身。

こいけ あさお
小池 朝雄
生年月日 (1931-03-18) 1931年3月18日
没年月日 (1985-03-23) 1985年3月23日(54歳没)
出生地 大日本帝国の旗 大日本帝国 東京府
死没地 日本の旗 日本 東京都中央区
職業 俳優声優
活動期間 1950年 - 1985年

目次

生涯編集

東京都立青山高等学校を経て、1950年(昭和25年)に文学座付属演劇研究所に入所。『崑崙山の人々』にて初舞台を踏んだ。

1963年(昭和38年)の文学座分裂の際には、芥川比呂志神山繁らと行動を共にし、福田恆存が創立した現代演劇協会附属・劇団雲の創設に参画。1975年(昭和50年)の雲の分裂時には芥川らと離れ、福田が新たに結成した劇団昴に参加、中心俳優の一人として活躍した。

東映日活など各社の映画テレビドラマに数多く出演。東映では、石井輝男監督作の映画や『仁義なき戦い』シリーズの常連であった。石井演出の『徳川いれずみ師 責め地獄』(1969年)では悪の刺青師・辰蔵に扮した。その一方で、同年の千葉真一主演映画『日本暗殺秘録』では理不尽な融資打ち切りに遭う温厚な経営者や、テレビドラマ『野性の証明』では沈着冷静に捜査する刑事など、善人・悪人と分け隔てなく演じている。本人は「よく考えてみると、ぼくのやりたいのは、全部、狂人なんだな」と語っていたという[1]

声優としては、洋画でピーター・フォークジーン・ハックマンなどを持役とし、特に『刑事コロンボ』のコロンボ役は小池の当たり役になった。アニメでは『長靴をはいた猫』の魔王ルシファ、『どうぶつ宝島』のシルバー船長などがある。

1985年(昭和60年)3月23日肺不全のため東京都中央区築地国立がんセンターで死去。54歳だった。墓地は世田谷区北烏山の専光寺烏山寺町内)[2]

小池の『刑事コロンボ』としての最後の吹き替えは、「黒のエチュード」(120分版)であった。これは小池が死去する2年前に収録されたものであった[3][信頼性要検証]。映画作品の遺作は死去の前年公開の『北の蛍』である。撮影中、小池はすでに入院中であったが病院を抜け出して参加したという。

人物編集

  • 水面下で文学座離脱・劇団雲結成を画策した首謀者のひとりとされているが[4]、文学座で仲間だった北村和夫によると、文学座の分裂で袂を分かった後も小池は毎年、死去するまで杉村春子の誕生日に薔薇の花束を贈っていたという[5]
  • コロンボの声は、小池の地声よりも低く抑え気味で演じており、小池は「コロンボと犯人役の二役をさせてほしい。やり分けてみせる」と語っていたという[要出典]
  • 三島由紀夫は、1956年頃の小池の印象について、次のように述べている。「をかしな役も行ける。まじめな役も行ける。器用な役者のようでいて、不器用な面白さも出す。一九五七年度のホープとして推す所以である。若いくせに座談の名人。彼がスビーディな話術で、人の話をすると、そのデッサンの確かさと、漫画化の巧みさのために、まだ見ぬ人物に親しみを抱かせるほどだ。これが多分、彼の演技術の基本である」[6]

後任編集

小池の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

ピーター・フォーク、ジーン・ハックマンの一部の役は、石田太郎に受け継がれた。フォーク、ハックマンの地声は小池、石田のそれとは大分異なる。また『刑事コロンボ』の現行のDVDソフトでは、第1シリーズ( 1972年〈昭和47年〉 - 1979年〈昭和54年〉)の最終第45話「策謀の結末」が、小池版(1970年代に吹き替え・NHKが放送)音源の紛失のため石田版となっていたが、関係者から1987年(昭和62年)に日本テレビで再放送された45話を家庭用のビデオで録画したテープが寄せられた。技術局の音声担当者が確認したところ、保存状態が良く放送可能な状態だったため、石田版を小池音声に差し替え、あらためて2010年(平成22年)6月に衛星ハイビジョンで放送した。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

吹き替え編集

俳優編集

洋画編集

ナレーション編集

テレビドラマ編集

映画編集

ラジオ編集

CM編集

その他編集

音楽編集

  • ジョーの子守唄(『あしたのジョー』エンディング曲)
  • ねこねここねこどこにいた(マザーグースの歌ベスト)
  • おもちゃのひつじはいらんかな(マザーグースの歌ベスト)

脚注編集

  1. ^ 小林信彦 『定本・日本の喜劇人』エンターテイナー篇、新潮社2008年、423頁。ISBN 978-4-10-331827-9
  2. ^ 『せたがやの寺町』20-21頁。
  3. ^ 書籍「刑事コロンボ完全捜査記録」
  4. ^ 北見治一 『回想の文学座』 中央公論社中公新書〉、1987年[要ページ番号]ISBN 4-12-100849-9
  5. ^ 『文学座五十年史』 文学座1987年[要ページ番号]
  6. ^ 『三島由紀夫全集』33 評論9、佐伯彰一ほか (編纂)、新潮社、1976年、256頁。
  7. ^ アニメーション紀行 マルコ・ポーロの冒険”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2018年4月3日閲覧。

参考文献編集

  • 世田谷区砧第3出張所 『せたがやの寺町 烏山寺町ガイド』1988年3月。

外部リンク編集