透明人間と蝿男』(とうめんにんげんとはえおとこ)は、1957年8月25日公開の大映製作の特撮映画。モノクロ作品。

透明人間と蝿男
Invisible Man vs. The Human Fly
監督 村山三男
脚本 高岩肇
製作 永田秀雅
出演者 北原義郎
音楽 大久保徳二郎
撮影 村井博
配給 大映映画株式会社
上映時間 96分
製作国 日本
言語 日本人
前作 透明人間現わる
テンプレートを表示

併映は『赤胴鈴之助 飛鳥流真空斬り』と『頭突きと空手チョップ』。

宇宙線研究の過程で発見された透明光線によって透明人間となった刑事と、旧日本軍の開発した薬品によりハエの大きさになった殺人犯・蝿男との戦いを描く[1]

あらすじ編集

渡辺建設社長の渡辺良樹さんが日本航空の機内で殺害される。殺害はバスルームで行われました。警察にインタビューされた乗客は誰も彼を知らなかったが、1人の早川医師は最近の心臓発作のため彼のインタビューを延期した。警察署長は、最近数か月に起こった2つの同様に説明されていない銀行強盗へのリンクを示唆しています。若林主任監察官は、3件すべての被害者は明らかな抵抗を示さず、性格上死亡したと述べた。早川と彼の娘アキコにインタビューして、若林は加害者が見えなかったにちがいないと冗談を言って彼らに警告します。月岡博士と協力して、早川は最近、宇宙線を研究している間に不可視性への鍵を解き放ちました。彼らのアシスタントの杉本は、ガラスを見えないようにすることによって彼らの機械を実演します、しかし彼らは生きている何かの上でそれをテストしたことがないと言います。

銀行強盗が再びストライキを起こし、彼らはアジアと呼ばれるナイトクラブからのマッチ箱の金庫に入る証拠すらありませんでした。オーナーの黒木達也は、一切の関与を否定している。若林をバーテンダー兼空手愛好家のハジメに紹介。その後まもなく、別の殺人が発生します。男性は前田典子という女性の後ろに現れて刺さり、消えるようです。多田探偵がたまたま現場にいて、彼女が空を指さすとブーンという音が聞こえます。黒木はアリバイを持っています。前田のボス、楠もそうです。

スタッフ編集

  • 製作:永田秀雅
  • 企画:米田治
  • 監督:村山三男
  • 脚本:高岩肇
  • 原案:山野利一
  • 撮影:村井博
  • 特殊撮影:的場徹
  • 音楽:大久保徳二郎
  • 美術:後藤岱二郎
  • 録音:飛田喜美雄
  • 音響効果:花岡勝次郎
  • 特殊技術:的場徹
  • スチル:宮崎忠男

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、81頁。ISBN 4766927060 

関連項目編集

  • 映画『ハエ男の恐怖』 - アメリカのSF映画。原題 The Fly. 日本語題が類似しているが、公開は1958年であり本作と直接の関係はない。

外部リンク編集