メインメニューを開く

村山三男

村山 三男(むらやま みつお、1920年4月1日 - 1979年7月29日)は、日本の映画監督

新潟県生まれ。戦前は、日活多摩川撮影所に入社。戦後は大映で助監督を務めながら、1951年3月1日日本映画演劇労働組合連合(映演労連)の議長となった[1]1956年、『東京犯罪地図』で監督デビュー。戦争映画の巨匠としても知られ、また、テレビドラマ『ザ・ガードマン』『右門捕物帖』『特捜最前線』『江戸の鷹』などの演出も担当。主に三船プロダクション制作作品での演出が多く、脚本家では津田幸夫(津田幸於)池田一朗とのコンビが多かった。

1955年に大映とショウ・ブラザーズが組んだ『楊貴妃』がきっかけとなって、1969年からショウ・ブラザーズに招かれて、穆時傑の名前で、『人頭馬 Dark Rendezvous』などの映画を監督した[2]

目次

フィルモグラフィ編集

映画編集

  • 虹男』(大映東京、1949年)監督助手
  • 楊貴妃』(大映東京=ショウ・ブラザース、1955年)助監督
  • 『東京犯罪地図』(大映東京、1956年)以下すべて監督
  • 『女中さん日記』(大映東京、1956年)
  • 『残月講道館』(大映東京、1957年)
  • 透明人間と蝿男』(大映東京、1957年)
  • 『冥土の顔役』(大映東京、1957年)
  • 『土俵物語』(大映東京、1958年)
  • 『かあちゃんは犯人じゃない』(大映東京、1958年)
  • 『消された刑事』(大映東京、1958年)
  • 『白昼の侵入者』(大映東京、1958年)
  • 『都会の牙』(大映東京、1959年)
  • 『代診日記』(大映東京、1959年)
  • 『海軍兵学校物語 あゝ江田島』(大映東京、1959年)
  • 『山男の歌』(大映京京、1962年)
  • 『風神雷神』(大映東京、1962年)
  • 『あゝ零戦』(大映東京、1965年)
  • 『学生仁義』(大映東京、1965年)
  • 『悪魔からの勲章』(大映東京、1967年)
  • 『ジェットF104脱出せよ』(大映東京、1968年)
  • 『あゝ海軍』(大映東京、1969年)
  • 『あゝ陸軍隼戦闘隊』(大映東京、1969年)
  • 『人頭馬 Dark Rendezvous』(ショウ・ブラザーズ、1969年)
  • 『殺機 A Cause To Kill』(ショウ・ブラザーズ、1970年)
  • 『鬼門關 Hellgate』(ショウ・ブラザーズ、1970年)
  • 『女秘密調査員 唇に賭けろ』(大映東京、1970年)
  • 樺太1945年夏 氷雪の門』(JPM、1974年)

テレビドラマ編集

出典編集