メインメニューを開く

通関業法

通関業法(つうかんぎょうほう、昭和42年8月1日法律第122号)とは、通関業を営む者についてその業務の規制、通関士の設置等必要な事項を定め、その業務の適正な運営を図ることにより、関税の申告納付その他貨物通関に関する手続の適正かつ迅速な実施を確保することを目的とする法律である。税関貨物取扱人法(明治34年法律第28号)を全部改正して制定された。

通関業法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和42年法律第122号
効力 現行法
種類 行政法
主な内容 通関業について
関連法令 関税法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

目次

構成編集

  • 第1章 総則
  • 第2章 通関業
  • 第3章 通関士
  • 第4章 通関業者等の責任
  • 第5章 雑則
  • 第6章 罰則

主務官庁編集

財務省の所管となる。

資格編集

関連項目編集

外部リンク編集