メインメニューを開く
本に埋め込まれたタバコ
コンクリートブロックに埋め込まれたタバコ
コカイン袋を飲み込んだ運び屋のレントゲン写真
麻薬密輸漁船の臨検

密輸(みつゆ)とは、正規の手続きを経ず、物品の輸出入を行うことである。

概要編集

密輸を行う目的としては、

が挙げられる。多くの場合、暴力団マフィアなどの犯罪組織が関わっており、それらの組織の資金源となっている。

主な密輸品編集

密輸が問題となる主な貨物は以下のとおり。

輸入禁制品・規制品編集

密輸出される物品編集

シラスウナギの密輸編集

2007年に台湾でシラスウナギが輸出禁止になると香港から日本への輸入が増加した。香港ではシラスウナギ漁の実態が無く、台湾からの密輸されている可能性が高いと指摘されている。2018年12月と19年1月に香港から日本へ約6トンシラスウナギが輸入されている。これは、同じ期間に日本の養殖池に入れられた稚魚の約8割を占めていることが明らかになっている[1][2]

対策編集

日本では2005年から試験的に事前旅客情報システムを導入。2007年から義務化された。出発空港において搭乗者の情報を到着空港に送り、特に組織ぐるみの密輸対策を強化している。

脚注編集

関連項目編集