メインメニューを開く

連紹寺(れんしょうじ)は、島根県出雲市今市町にある日蓮宗の寺院で山号は妙法山である。旧本山は京都妙覚寺、親師法縁。

連紹寺
所在地 島根県出雲市今市町487
位置 北緯35度21分54.7秒
東経132度45分46秒
座標: 北緯35度21分54.7秒 東経132度45分46秒
山号 妙法山
宗旨 日蓮宗
創建年 1532年
開山 本迹院日祇
公式HP 日蓮宗連紹寺
法人番号 4280005003041
連紹寺の位置(島根県内)
連紹寺
テンプレートを表示

目次

歴史編集

寺伝によれば京都妙覺寺の学僧、本迹院日祇(平田市法恩寺石見銀山妙正寺等も開山する。)を開山に創建された。その後天文元年(1532年)今市町新町に草庵が建立された。享保10年(1725年)火災により焼失した。現在の本堂は明和8年(1771年)妙心院日義(12世)の代に山田左衛門(本山田家7代当主)の寄進により再建されたもの。

境内編集

  • 本堂

旧末寺編集

日蓮宗では昭和16年(1941年)に本末を解体したため、現在では、旧本山、旧末寺と呼びならわしている。

歴代編集

  • 本迹院日祇(開山)
  • 玄妙院日静(9世)
  • 妙心院日義(12世)
  • 獅子行院日淳(27世、俗名は米田淳雄(1924年2015年5月13日)、『平成新修日蓮聖人遺文集』を編纂したことで知られる。)
  • 米田宣雄(28世)
  • 米田暁雄(29世、現住職、平成16年(2004年)度大荒行堂初行成満、平成21年(2009年)度再行成満。)

脚注編集

関連資料編集