メインメニューを開く

逸然性融(いつねん しょうゆう、1601年8月28日万暦29年8月1日)- 1668年8月21日寛文8年7月14日))は、中国・末に日本に渡来した僧である。俗姓は李氏。逸然は、性融は法諱である。浪雲庵王・煙霞比丘・煙霞道人とする。

逸然性融
1601年 - 1668年
Portrait of Itsunen.jpg
山本若麟筆「祖師源流図」部分 絹本着色 興福寺
尊称 請法東伝
生地 浙江省杭州府銭塘県
没地 興福寺
宗派 臨済宗黄檗派
寺院 興福寺
黙子如定
弟子 澄一道亮
著作 『隠元語録』・『五灯厳統』

隠元隆琦を日本に招聘し黄檗宗の発展に尽くした。また画僧としても知られ羅漢図・神仙図などの仏画・人物図を得意とした。北宗画風の新様式を伝え長崎漢画の祖(唐絵の祖)とされる。門弟に河村若芝渡辺秀石らがいる。

生涯編集

 
白衣観音観瀑図 即非賛 1665年 長崎歴史文化博物館

1601年(万暦29年)、浙江省杭州府仁和県に生まれる。

1644年正保元年)、末の反乱期に動乱を避けて来日し、長崎興福寺黙子如定の許で仏門に入る。翌年には、黙子が隠退し、第3代住持の座を継承した。

1650年慶安3年)、晩年の住居となる桃林庵を門前に建てる。

1652年承応元年)、無心性覚の懇願により、隠元隆琦を招請した。結果、4次にわたる招請状の往還の末、1654年(承応3年)7月に、隠元の来日が成った。逸然はこれを慶び以降、引首印に「請法東伝」の語句を刻み書画に捺した。

隠元が渡来すると、逸然は、興福寺の住持を隠元に移譲した上で、自身は監寺と就ったが、翌年、隠元が摂津国普門寺に移転したため、住持に復帰した。

1656年明暦2年)、澄一道亮に住持の座を譲り、幻寄山東盧庵に隠退した。

1657年(明暦3年)には、『隠元語録』と『五灯厳統』(費隠通容撰)を板行した。

1668年(寛文8年)7月、興福寺で没した。享年68。墓所も興福寺後山にある。

作品編集

  • 「巌上観音菩薩像」長崎歴史文化博物館
  • 「白衣観世音菩薩観瀑図」1665年 同上
  • 「普賢・文殊菩薩像双幅」同上
  • 「芦葉達磨図」同上
  • 「布袋図」同上
  • 「布袋図」1664年 神戸市立博物館
  • 「釈迦・普賢・文殊像」崇福寺

出典編集

  • 阿野露団『長崎の肖像 長崎派の美術家列伝』1995年 形文社
 
達磨騎象図 隠元賛 絹本着色
 
羅漢遊戯図 1664年 紙本着色