遂平公主(すいへいこうしゅ、万暦39年(1611年) - 崇禎6年1月1日1633年2月8日))は、泰昌帝の七女。姓朱 徽婧(しゅ きせい)。母は傅懿妃

朱徽婧
続柄 泰昌帝第七皇女

全名 朱徽婧
称号 遂平長公主
身位 長公主
出生 万暦39年(1611年
死去 崇禎6年1月1日1633年2月8日
埋葬 普安山
配偶者 斉賛元
子女 女子4人
父親 泰昌帝
母親 傅氏
テンプレートを表示

生涯編集

万暦39年(1611年)に、皇太子朱常洛(のちの泰昌帝)と選侍(皇子の側室)傅氏の娘として生まれた。万暦48年または泰昌元年(1620年)、泰昌帝は即位の翌月に崩じ、子供たちを公主に封じることもできなかった。異母兄の天啓帝が代わって即位すると、徽婧は母や姉の朱徽妍と共に別宮へ追放されたが、後に呼び戻され、また遂平長公主に封じられた。天啓7年(1627年)、斉賛元に降嫁した。

崇禎6年(1633年)正月1日、薨去した。普安山に葬られた。崇禎17年(1644年)3月、北京が李自成軍によって陥落すると、寡夫の斉賛元は南京に避難した。軍が南京に侵入すると、斉賛元は降臣として清朝に仕えた。

子女編集

  • 4人の女子

参考文献編集

  • 明史』 - 列伝第九 公主伝
  • 『明熹宗実録』
  • 『遂平長公主墓志銘』