メインメニューを開く

道口岐閉国造(みちのくちのきへのくにみやつこ・みちのくちのきへこくぞう)は、古代に常陸国北端を支配した国造道前岐閉(みちのくちのきへ)国造とも書く。

目次

概要編集

祖先編集

建許呂命応神天皇朝にその子の宇佐比刀禰が道口岐閉国造に任じられたという。

本拠地編集

常陸国多可郡または多珂郡(多賀郡)道口郷。現在の日立市助川と比定される。

関連項目編集

参考文献編集

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館)
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本古代人名辭典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社)
  • 『神道大辞典』(臨川書店)
  • 『日本史総覧』(新人物往来社)