メインメニューを開く

道 首名(みち の おびとな)は、飛鳥時代から奈良時代初期にかけての貴族は君 のち後胤は公。官位正五位下筑後守従四位下

道君 首名とも記される。

大宝律令の選定に携わる一方、地方官としても治績を挙げ、死後も長く良吏として記憶された。

出自編集

道氏大彦命の孫・屋主田心命の後裔とし阿倍氏の一族を称した[1]北陸地方の地方豪族。首名はその枝族で阿倍氏との関係から中央に進出したとする説がある[2]。やや先行するが同族と思われる道君伊羅都売天智天皇夫人となり施基皇子光仁天皇の父)を生んでいる。ただし首名との関係は不明。

経歴編集

律令撰定編集

青年の頃から律令を学び、官吏の職務に明るかったという[3]文武天皇4年(700年大宝律令撰定の功によりを与えられた(この時位階追大壱[4]。律令撰定に携わった19名のうち、首名は唯一律令を専修していたとされる[5]大宝元年(701年)4月に右大弁下毛野古麻呂らと共に諸官人に対して新たな令(大宝令)の講説を[6]、6月には大安寺僧尼令の講説を行っている(この時の位階正七位下[7]

和銅4年(711年従五位下叙爵。和銅5年(712年)9月に平城京遷都後初の遣新羅大使に任ぜられ、10月に辞見し[8]、翌和銅6年(713年)8月に帰還している[9]

良吏として編集

同年8月に筑後守に任ぜられ、肥後守も兼任した。任地においては、人々に生業を勧め、耕作経営や耕地に果樹や野菜を植えること、鶏や豚の飼育方法まで規定を制定し、時宜を尽くした方法を教えた。またしばしば任地を巡行し、教えに従わない者に対しては程度に応じて処罰を加えた。当初、人々は内心恨んで罵ったりしていたが、収穫が増えるにつれてみな喜び従うようになり、1,2年のうちに国中の人々がみな従うようになったという。また溜池や堤防を築いて灌漑を広め、安定した水稲耕作を可能にした[10]。肥後国の味生池(あじうのいけ)や筑後国の数々の溜池は首名が造ったものという。この地の人々がその後もこの水利の恩恵を受けて生活が充足しているのは首名のおかげであるとされた[3]

青木和夫は、首名が律令を学ぶ傍らで中国の農業書をも読んでいたと推定しており、そのために先進的な中国の技術を用いた農事指導、溜池築造を行えたのだろうと述べている[10]

顕彰編集

地方官を務める傍ら、和銅8年(715年)従五位上、養老2年(718年正五位下と昇進したが、筑後守在任のまま同年4月10日卒去。任地の人々は没後首名を祠り、また官吏の任務について語る者は彼を範として賞賛したという[3]

続日本紀』には首名の詳細な卒伝が載せられており、卒伝の記載が原則として淳仁朝以降の、それも四位以上の官人に限られていた同書においては例外的である[11]。これについては、桓武天皇在位中に撰定された『続日本紀』において、首名の出身氏族である道氏が桓武天皇の外戚であったため、それを顕彰する意味を持たせたものとの説がある[12][13]

後年、首名の孫・道公広持が承和2年(835年)に当道朝臣と改姓された際にも、首名の事跡が永らく遺愛されていたとされる[14]。さらには、首名が没して約150年後の貞観7年(865年)には良吏であったという理由で、従四位下の位階を追贈されている[15]

中央でのこのような顕彰とは別に、彼の任地であった筑後・肥後地域では、卒伝にある通り後年(一部では現在)まで彼が祀られて信仰が続いている[16][17][18]

漢詩作品編集

懐風藻』には首名による五言詩が一首収載されている。

正五位下筑後肥後守道公首名 一首 年五十六     

    五言 秋宴 一首           

望苑商気艶 鳳池秋水清 晩燕吟風還 新雁払露驚
昔聞濠梁論 今弁遊魚情 芳筵此僚友 追節結雅声

官歴編集

六国史』による。

脚注編集

  1. ^ 新撰姓氏録』右京皇別
  2. ^ 『日本古代氏族人名辞典』
  3. ^ a b c d 続日本紀』養老2年4月11日条
  4. ^ 『続日本紀』文武天皇4年6月17日条
  5. ^ 新日本古典文学大系本『続日本紀 一』補注p.289
  6. ^ 『続日本紀』大宝元年4月7日条
  7. ^ 『続日本紀』大宝元年6月1日条
  8. ^ 『続日本紀』和銅5年6月1日条
  9. ^ 『続日本紀』和銅6年8月10日条
  10. ^ a b 青木和夫『古代豪族』 p190.
  11. ^ 新日本古典文学大系本『続日本紀 二』補注p.468.
  12. ^ 井上辰雄「「道君首名」研究ノート:良吏とその歴史的背景」『法文論叢』36、1-31、1975年
  13. ^ 遠藤慶太「勅撰史書の政治性 ふたつの桓武天皇紀をめぐり」『歴史学研究』826、10-17、2007年
  14. ^ 続日本後紀』承和2年正月7日条
  15. ^ 日本三代実録』貞観7年11月2日条
  16. ^ 鈴木喬「肥後の名国司」ふるさと寺子屋塾No.30
  17. ^ 「古代農業のパイオニア」広報くるめNo.1084 2003年5月1日
  18. ^ 『玉名郡神社明細帳』に「玉名市保田木神社祭神道公首名」との記載がある。玉名市史資料篇6、1994年。

参考文献編集