メインメニューを開く

遠山友寿

美濃苗木藩の第11代藩主
遠山友寿

遠山 友寿(とおやま ともひさ、天明6年11月25日1787年1月14日)- 天保9年11月21日1839年1月6日))は、美濃苗木藩の第11代藩主。

第9代藩主・遠山友清の長男・遠山友福の長男。母は側室・芳信院(江戸嘉兵衛の娘)。正室は丸亀藩主・京極高中の養女・琴。継室は岡部長教の娘・栄綱院。子に友禄(三男)、友訓(加藤姓)、織田長易(五男)、正章(久貝姓)。官位は従五位下、刑部少輔、美濃守。

幼名は左吉。天明7年(1787年)4月晦日、第10代藩主・友随の養嗣子であった父友福が早世した。そのため、天明8年4月22日、友寿が祖父友随の嫡孫となった。寛政4年(1792年)12月21日、祖父友随の隠居により、家督を相続した。幼少のためにしばらくは肥後人吉藩主・相良長寛の補佐を受けた。寛政9年2月9日、将軍・徳川家斉に拝謁した。享和元年(1801年)12月16日、従五位下刑部少輔に叙任する。後に美濃守に改めた。享和3年5月6日、駿府加番を命じられた。藩政においては、行き詰まった藩財政再建を目指して倹約令を頻繁に出し、借上や貸し下げ、さらには家臣の統率強化にも務めた。

天保9年(1838年)11月21日、53歳で死去し、跡を三男の友禄が継いだ。墓所は岐阜県中津川市苗木の雲林寺。