メインメニューを開く

遺書 白い少女』(いしょ しろいしょうじょ)は1976年公開の日本映画(松竹・サンミュージック提携作品)。落合恵子の同名小説を原作とした映画。中村登監督。

遺書 白い少女
監督 中村登
脚本 八木保太郎
原作 落合恵子
製作 樋口清
出演者 桜田淳子
田中健
市原悦子
長門裕之
音楽 森田公一
主題歌 桜田淳子「白い少女のバラード」
撮影 竹村博
編集 森弥成
製作会社 松竹
サン・ミュージック
配給 松竹
公開 日本の旗 1976年4月24日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

桜田淳子の映画(単独)主演第二回作品。ロケ地には都内のほか、軽井沢、浅間山、グアム島などが使用された。相手役は、当時『俺たちの旅』(日本テレビ)のオメダ役でブレイク中だった田中健松竹は、桜田と田中を松竹のフレッシュコンビとして東宝の山口百恵三浦友和コンビに対抗したが、二人の再共演は実現しなかった。また、無名時代の大場久美子が出演している。

目次

キャスト編集

主題歌編集

サントラ盤編集

  • 桜田淳子 「白い少女のバラード/松竹映画「遺書・白い少女」オリジナル・サウンドトラック盤」(ビクター音楽産業) 

スタッフ編集

同時上映編集

凍河

参考資料編集

  • Goo映画

外部リンク編集