メインメニューを開く
本来の表記は「邵煒剛」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

邵 煒剛(しょう いごう、邵炜刚、シャオ・ウェイガン、1973年2月21日 - )は、中国囲碁棋士上海出身、中国囲棋協会所属、九段。友情杯戦優勝、NEC杯囲棋戦優勝2回、LG杯世界棋王戦ベスト4など。常昊らとともに「七小龍」の一人とされる。

邵煒剛
プロフィール
出生: 1973年2月21日
出身地: 上海市
職業: 囲碁棋士
各種表記
繁体字 邵煒剛
簡体字 邵炜刚
和名表記: しょう いごう
発音転記: シャオ・ウェイガン
ラテン字 Shao Weigang
テンプレートを表示

目次

経歴編集

3、4歳頃からシャンチー(中国象棋)で才能を見せるが、8歳の時に区の訓練場で囲碁を覚えて頭角を現し、区の体育宮から上海市の体育宮へ進み、11歳で国家囲棋集中訓練隊入り、1986年に国家少年囲棋隊に入り、初段となった。この86年組と呼ばれる中では、常昊とともに若手リーダー格となる。1989年、海峡杯全国招待戦優勝。1992年に全国囲棋個人戦優勝、同年新体育杯リーグ入り、十強戦Bリーグ2位。1993年の富士通杯でベスト8、同年馬暁春に弟子入り。1994年棋王戦の挑戦者決定戦で曹大元に1-2で敗退、霜花杯全国青少年戦準優勝。1995年に新人王戦で王磊を破って優勝。1997年に友情杯戦優勝。同年NEC杯戦で優勝し、日中スーパー囲碁優勝者戦に出場するが、加藤正夫に1-2で敗れる。1999年のLG杯世界棋王戦では、李世乭劉昌赫山田規三生を破りベスト4進出、準決勝で李昌鎬に敗れた。同年九段。2000年棋聖戦挑戦者決定戦進出し周鶴洋に敗退、名人戦で馬暁春に挑戦するが、2-3で敗れる。

甲級リーグ戦では、上海、貴州、山東に所属し、2010年はコーチ兼任。中国棋士ランキングでは、1998年3月に4位、2000年12月に2位。

国家囲棋隊隊長を務める。

タイトル歴編集

その他の棋歴編集

国際棋戦

国内棋戦

  • 徳隆衣業杯四強戦 準優勝 1997年
  • 名人戦 挑戦者 2000年
  • 阿含・桐山杯中国囲棋快棋公開戦 準優勝 2000、04年
  • 永達杯王中王戦 準優勝 2004年
  • 棋源山庄杯中国職業囲棋混双戦 優勝 2009年(黎春華とペア)
  • 中国囲棋甲級リーグ戦
    • 1999年(上海時代巨盛)1-3
    • 2000年(上海移動通信)15-4
    • 2001年(上海移動通信)5-9
    • 2002年(上海移動通信)7-8
    • 2003年乙級(貴州咳速停)
    • 2004年(貴州咳速停)8-11
    • 2005年(貴州咳速停)6-10
    • 2006年(山東中国網通)15-7
    • 2007年(山東中国網通)
    • 2008年(山東中国網通)11-9
    • 2009年(山東中国網通)7-10
    • 2010年(山東景芝酒業)2-7

参考文献編集

  • 大島正雄「世界一を目指す超新星群像 第9回 邵煒剛」(「棋道」誌 1998年9月号)
  • 『囲棋年鑑』中国囲棋協会

外部リンク編集