郟敖

春秋時代の楚の王

郟敖(こうごう、生年不詳 - 紀元前541年)は、春秋時代の王。、あるいは康王の子。紀元前545年12月、康王が死去した。紀元前544年4月、康王を葬り、郟敖が楚王として即位した。叔父の公子囲を令尹とし、軍事をつかさどらせた。紀元前541年11月、郟敖は病に伏せった。公子囲がに向かっていたところを急遽帰国し、見舞いにかこつけて郟敖を襲った。郟敖は公子囲に絞殺された。在位4年。このとき、子の公子幕と公子平夏も殺害された。

郟敖 熊員
王朝
在位期間 前544年 - 前541年
姓・諱 熊員
没年 紀元前541年
康王

参考文献編集

先代:
康王
の王
紀元前544年 - 紀元前541年
次代:
霊王