メインメニューを開く

都 御酉(みやこ の みとり)は、平安時代前期の貴族宿禰のち朝臣都良香の近親か。官位従五位上筑後守

経歴編集

左大史を経て、天安2年(858年清和天皇の即位に伴って行われた叙位従五位下に叙せられる。散位を経て翌天安3年(859年因幡権介に任ぜられると、貞観4年(862年)因幡介、貞観6年(864年出雲守、貞観12年(870年) 因幡介に再任されるなど、清和朝前半は山陰地方の地方官を歴任する。またこの間の、貞観11年(869年)には内位の従五位下に叙せられている。

のち、讃岐介を経て、貞観19年(877年)正月に従五位上に昇叙され、12月には一族の良香・因雄・興道と共に、崇神天皇の後裔であり上毛野氏大野氏ら朝臣姓の氏族と同祖であることを理由に、宿禰姓から朝臣姓に改姓している。

陽成朝では筑後守を務める。元慶4年(880年)には筑後国では30年以上に亘って班田が実施されていないことから、租税を納める元となる口分田がなく、租税を課されない名家の私有田ばかりがある状態で、調庸に欠損を来たし労役に動員できる人数も減少している、そのため豊後国の事例に倣って報符を待たずに班田を行うべき、とのを大宰府経由で太政官に提出し、認められている[1]

元慶7年(883年)6月3日に筑後掾・藤原近成に唆された、前筑後掾・藤原武岡が率いる100名に迫る群盗に館を囲まれて、射殺された[2]

官歴編集

日本三代実録』による。

脚注編集

  1. ^ 『日本三代実録』元慶4年3月16日条
  2. ^ 『日本三代実録』元慶7年7月19日条

参考文献編集