メインメニューを開く
上越新幹線の建設に伴い発掘された深沢遺跡配石遺構(群馬県みなかみ町)。縄文時代後期の集団墓地である[1]

配石(はいせき)とは、表面のなめらかな河原石などの自然石を目的をもって配置したり、組合せたりした遺構である。ピラミッドのような石組みの建造物はふつう含まれない。

概要編集

配石の全体の形はさまざまあり、その性格も集落内の土地区画など日常生活に関わる標識から、埋葬祭祀など信仰に関わるものまで多岐にわたると考えられる。単独のものは組石(くみいし)とも呼ぶ。配石のうち、石を円形に(ドーナツ状)に配置させるものは環状配石環状列石と呼ぶ。立石をともなう場合もある。土坑の中や外に配置した埋葬施設を特に配石墓と呼び、配石によって作られた住居を敷石住居と呼ぶ。

ヨーロッパには巨石を並べた配石遺跡があり、ストーンヘンジはその代表例である。日本では縄文時代前期に顕著となり、中期には急増する。環状列石をともなう著名な遺跡には、秋田県鹿角市大湯環状列石青森県青森市小牧野遺跡、秋田県北秋田市伊勢堂岱遺跡があり、これらはいずれも縄文時代後期の遺跡である。また、石材資源の豊富な中部地方の山麓地域においても盛んに作られる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 現地案内板より。

関連項目編集