メインメニューを開く

酒井 忠恒(さかい ただつね)は、出羽松山藩の初代藩主。左衛門尉酒井家分家初代。庄内藩初代藩主・酒井忠勝の三男。

 
酒井忠恒
時代 江戸時代前期
生誕 寛永16年8月8日1639年9月5日
死没 延宝3年8月6日1675年9月25日
別名 小五郎
戒名 光顔院殿覚誉道専受法大居士
墓所 東京都新宿区袋町光照寺
官位 従五位下大学頭
幕府 江戸幕府
出羽松山藩初代藩主
氏族 左衛門尉酒井家分家
父母 父:酒井忠勝
母:西田九郎左衛門の養女・奥野氏
兄弟 忠当忠俊忠恒忠貫忠盛忠直忠興山名恒豊
正室:牧野忠成の娘
側室:吉田内膳の娘・溝口氏
忠予

寛永16年(1639年)8月8日生まれ。正保4年(1647年)12月11日、本家の庄内藩から2万石を分与されて、支藩である松山藩を立藩した。駿府加番江戸城二の丸の石垣普請、酒井氏の菩提寺である心光寺の創建に努めた。延宝3年(1675年)8月6日(または1674年)に死去し、跡を長男・忠予が継いだ。