酒井 忠予(さかい ただやす)は、出羽松山藩2代藩主。左衛門尉酒井家分家2代。初代藩主・酒井忠恒の長男。

 
酒井忠予
時代 江戸時代前期
生誕 明暦3年8月15日1657年9月22日
死没 享保20年12月16日1736年1月28日
改名 大助(幼名)、忠宗(初名)、忠予
戒名 詠境院殿勝誉超清遊円大居士
墓所 山形県酒田市の心光寺
官位 従五位下、石見守
幕府 江戸幕府
出羽松山藩2代藩主
氏族 左衛門尉酒井家分家
父母 父:酒井忠恒、母:吉田主計の娘・正寿院
正室:溝口重雄の娘、側室:高橋氏
忠英忠寄、娘(遠藤胤親正室)
養嗣子:忠休
テンプレートを表示

明暦3年(1657年)8月15日生まれ。延宝3年(1675年)、父の死去により跡を継ぐ。大坂城加番を務めた。藩財政が窮乏化したため、藩財政再建のために俸禄の借上を行なっている。享保17年(1732年11月25日、養嗣子の忠休に家督を譲って隠居し、享保20年(1735年)12月16日に79歳で死去した。長男・忠英は病弱のため廃嫡している。