酒田市美術館(さかたしびじゅつかん)は、山形県酒田市にある美術館

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 酒田市美術館
Sakata City Museum of Art
Sakata-city Art.JPG
酒田市美術館
施設情報
正式名称 酒田市美術館
専門分野 森田茂の作品
國領經郎の作品
斎藤長三の作品
高橋剛の作品
来館者数 累計100万人(2015年
館長 石川好(館長理事)
事業主体 酒田市
管理運営 公益財団法人酒田市美術館
建物設計 酒田市建設部建設課・池原義郎建築設計事務所
延床面積 3,000㎡
開館 1997年
所在地 998-0055
山形県酒田市飯森山三丁目17-95
位置 北緯38度53分35秒 東経139度48分57秒 / 北緯38.89306度 東経139.81583度 / 38.89306; 139.81583座標: 北緯38度53分35秒 東経139度48分57秒 / 北緯38.89306度 東経139.81583度 / 38.89306; 139.81583
外部リンク 公式ホームページ
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

1997年平成9年)10月3日、鳥海山最上川、酒田市街地を一望できる小高い丘(飯森山地区)に開館。敷地面積約30,000m2、施設面積約3,000m2。設計は池原義郎建築設計事務所が担い、施工は竹中工務店フジタ・大場建設共同企業体が手掛けた。総工事費は約25億9千万円[1]

地元出身の洋画家斎藤長三(武蔵野美術大学教授)や彫刻家高橋剛東京家政大学教授)のほか、黒川能を描き続けた洋画家森田茂文化勲章受章者)、日本海太平洋を訪れ、砂丘をテーマにした絵画も残した洋画家國領經郎横浜国立大学教授)の作品を支柱として常設展示するほか、ほぼ年間を通して特別展示も行われる。

2002年11月、国土交通省が所管する公共建築協会が実施する公共建築賞を受賞した[2]

 
構内東側の庭に建つ作品

開館時間・休館日編集

  • 利用時間/午前9時~午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日 12月 - 3月/月曜日休館(祝日の場合は翌日)
  • 休館日 年末年始/12月29日~翌年1月3日まで
年間を通して展示替休館あり

入館料編集

  • 一般/540円、高校・大学生/270円、中学生以下/無料
特別展は展覧会によって異なる。

アクセス編集

「酒田市美術館・出羽遊心館」バス停下車徒歩1分

周辺編集

脚注編集

  1. ^ 『博物館研究』1997年12月号
  2. ^ 「酒田市美術館が公共建築賞 外観、文化普及活動など評価」『読売新聞』山形版 2002年11月13日

外部リンク編集