メインメニューを開く

釈興然(しゃくこうねん、嘉永2年4月14日1849年5月6日)- 大正13年(1924年3月15日)は、出雲国島根県)出身の真言宗及び上座部仏教僧侶。日本人初の上座部仏教徒として知られる。比丘名はグナラタナ。俗姓は板垣。

明治15年(1882年横浜三会寺の住職となるも、戒律復興運動を行っていた叔父釈雲照の勧めで[1]明治19年(1886年)にスリランカへ渡ってパーリ語を学ぶ。明治23年1890年)に受戒。

帰国後は釈尊正風会を組織し、神奈川を拠点に上座部仏教の普及につとめる。

鈴木大拙河口慧海のパーリ語の師としても知られ、河口慧海の著書である『チベット旅行記』の冒頭では、考えの違いから喧嘩別れする様が描かれている。

脚注・出典編集

関連項目編集