メインメニューを開く

野口 貴公美(のぐち きくみ、1971年 - )は、日本法学者。専門は行政法一橋大学大学院法学研究科教授、博士(法学)

人物・経歴編集

北海道で大蔵省官僚野口悠紀雄(のちに一橋大学名誉教授)の子として生まれる[1]東京都日野市育ち[2]女子学院中学校・高等学校を経て[3]一橋大学法学部卒業後、1999年一橋大学大学院法学研究科公法国際関係専攻博士後期課程修了、「アメリカ行政法における規則制定手続の生成と発展」で博士(法学)。審査員高橋滋山田洋水野忠恒。学部では憲法学のゼミに所属し、大学院では原田尚彦高橋滋に師事[4][5][6]

1999年法政大学社会学部社会政策科学科専任講師。2001年同助教授。2002年法務省大臣官房行政訟務課調査員。2004年政策研究大学院大学客員助教授。2007年中央大学法学部准教授、2009年同教授。2016年一橋大学大学院法学研究科教授[7][2][3]。2019年総務省行政不服審査会委員[8]

この間、法務省出入国管理政策懇談会委員、内閣府死因究明等推進会議委員、内閣府公文書管理委員会委員、内閣府独立行政法人評価委員会委員、総務省政策評価・独立行政法人評価委員会委員、地方分権改革有識者会議提案募集検討専門部会委員、内閣府消費者委員会地方消費者行政専門調査会専門委員、東京都個人情報保護審査会委員等も務める[9][10][11][12][13]

著書編集

脚注編集

  1. ^ 野口悠紀雄、野口貴公美「親子のカタチ:野口悠紀雄×野口貴公美」『週刊朝日』2008年10月17日号。
  2. ^ a b 「興味津々…「多摩に愛着を抱き、「現場」思考のアプローチを」 野口貴公美(社会学部助教授) 」2005年度3月号 雑誌「法政」法政大学
  3. ^ a b 「野口 貴公美NOGUCHI Kikumi」中央大学研究者情報データベース
  4. ^ 「野口 貴公美(ノグチ キクミ)」一橋大学
  5. ^ 「興味津々…「多摩に愛着を抱き、「現場」思考のアプローチを」 野口貴公美(社会学部助教授) 」2005年度3月号 雑誌「法政」法政大学
  6. ^ 学位授与者(佐久間昭光・小川英治・森武麿・大野早苗・梁義模・上口裕・山内浩嗣・島本実・田中一弘・佐藤丙午・多田一路・中川孝博・三柴丈典・尾関幸美・メータウィーイームカージョン・関良徳・野口貴公美・山本啓一) 一橋論叢
  7. ^ 「野口 貴公美(ノグチ キクミ)」一橋大学
  8. ^ 人事、総務省 日本経済新聞2019/4/1 5:00)
  9. ^ 「野口 貴公美(ノグチ キクミ)」一橋大学
  10. ^ 「興味津々…「多摩に愛着を抱き、「現場」思考のアプローチを」 野口貴公美(社会学部助教授) 」2005年度3月号 雑誌「法政」法政大学
  11. ^ 「野口 貴公美NOGUCHI Kikumi」中央大学研究者情報データベース
  12. ^ 「消費者委員会地方消費者行政専門調査会の検討状況について」消費者委員会
  13. ^ 「個人情報保護審査会」東京都

外部リンク編集