メインメニューを開く

野本由紀夫(のもと ゆきお、1959年― )は、日本音楽学者、指揮者玉川大学芸術学部芸術教育学科教授[1]

1986年東京藝術大学音楽学部楽理科卒、1989年同大学院音楽研究科修士課程修了。1993年までDAAD奨学金によりハンブルク大学博士課程在籍。指揮法を村方千之佐藤功太郎、管弦楽法を黛敏郎に師事。玉川大学芸術学部教授、教授。同大学管弦楽団指揮者。東京フィルハーモニー交響楽団の解説執筆主幹、NHK‐BSテレビ「名曲探偵アマデウス」の監修者も務め、解説者としてほぼ毎週出演した。新垣隆交響曲を絶賛したことでも有名。

著書編集

  • 『はじめてのオーケストラ・スコア スコアの読み方ハンドブック』音楽之友社 2003

共編・編著編集

  • 『200CD"指揮者"聴き比べ オーケストラ・ドライヴの楽しみ』安田和信,吉村溪共編 立風書房 2002
  • 『200CDピアノの秘密 弾きどころは聴きどころ』岳本恭治共編 立風書房 2003
  • 『200DVD映像で聴くクラシック 演奏家と名曲を観る!』原納暢子,満津岡信育共編 立風書房 2004
  • 『シング・ウォーク・ダンス 未来の保育者・教師のためのピアノ・テキスト』坪能由紀子,長橋晴子共編 音楽之友社 2004
  • 図解雑学 クラシックの名曲解剖』編著 ナツメ社 2009 ISBN 978-4-8163-4663-7
  • 『NHKクラシックミステリー名曲探偵アマデウス』監修 ナツメ社 2010

翻訳編集

  • エヴェレット・ヘルム『リスト』大作曲家 音楽之友社 1996

脚注編集

  1. ^ 教員紹介 玉川大学芸術学部