クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス

クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス』(クラシックミステリー めいきょくたんていアマデウス)は、2008年4月から2012年3月まで放送されたNHK音楽バラエティ番組

クラシックミステリー
名曲探偵アマデウス
ジャンル 音楽番組
バラエティ番組
出演者 筧利夫
黒川芽以
製作
制作 NHK
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2008年4月 - 2012年3月
放送分44分
テンプレートを表示

概要編集

番組の舞台は、大都会の片隅にある不思議な探偵事務所。クラシック音楽にまつわる悩みに答え、世に名高い名曲の謎を解き明かす。

毎回訪れる依頼人の悩みを解決する。解決の鍵はクラシック音楽の名曲に隠されており、曲の構成や背景などを紐解いてゆくことで番組が進行する。ドラマの途中に演奏家音楽学者による解説が入り、番組の終盤には演奏の抜粋が流れ、復習ができるようになっている。

パイロット版編集

2008年2月、本放送に先立ち、ベートーヴェン交響曲第7番を題材としたパイロット版サブタイトルは、「“ベト7”はなぜロック少年を酔わすのか?」)が放送された。

所長は本放送と同じく天出臼夫役を筧利夫が演じているが、秘書は美空響役で中村ゆりが出演している。その他、調査依頼の会社員・斎藤洋一役で斎藤洋介、出前のラーメン店店員・炉璃井役でROLLYがそれぞれ出演、語りはクリス・ペプラーが担当した。

出演編集

登場人物編集

  • 天出 臼夫あまで うすお筧利夫
    探偵事務所「アマデウス」所長。元天才指揮者であり、指揮者としてその将来を嘱望されていたが、ある事件をきっかけに指揮者から名曲探偵へと転身した。
    20年以上前に他界したも指揮者であり、また、現在はウィーンの天出邸で暮らしている[1]ピアニストという音楽一家に生まれ、誕生した際の産声が見事な音階であったため両親が驚き、「この子は天才モーツァルトの生まれ変わりに違いない」と考え、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトにあやかって「臼夫」と命名された。幼少期には、忙しい両親に代わって天出家の教育係である室家良子(演:江波杏子)から、マナーや語学(ドイツ語フランス語ラテン語イタリア語スワヒリ語)を学んでいる。高校生の頃にはプログレッシブ・ロックに傾倒し、友人達とロンドンライブハウスを巡るようになるとクラシックの伝統を重んじる父と衝突するようになり、勘当同然に家を追い出されてしまう。その後は世界の民族音楽にも関心を示し、世界中の音楽を聴くために放浪の旅に出ていたが、トルコで聴いた軍楽隊の音楽によって自身の原点を思い出し、クラシック音楽の世界に戻って指揮者となった。名曲探偵となった後も、母や教育係である室家からは、もう一度指揮者としてクラシックの世界に戻ってほしいと懇願されたが、名曲探偵であることに誇りを持っており、そのことを拒んでいる[2](事件ファイル#79)。
    指揮者を辞めるきっかけとなった「ある事件」についての詳細が語られることはなかったが、指揮者を辞めた後にモスクワにある名曲探偵の養成所へ入り、名曲探偵となった(事件ファイル#62)。
    同じ大学の先輩であるディープ内藤には、自身の過去について何か弱みを握られているようであり、そのことで焦る場面もある。
    依頼人に対して求婚紛いのことをしたり(事件ファイル#29など)、合コンをセッティングすると言われて依頼を引き受けてしまったり(事件ファイル#67)するなど、特に美しい女性に弱い一面がある。
    レコードの盤面を見ただけで、そのレコードが何の曲のレコードか当てられるという特技がある(事件ファイル#22)。
    ダンスの才能はあまり無いようで、忘年会で披露しようとしたムーンウォークを見た響から「バッタの後ろ歩き」と酷評された(事件ファイル#51)。
    歌謡曲将棋お笑いなど、クラシック音楽以外のことにも造詣が深いが、「リアル・クローズ」を「リアル・ズロース」と言い間違えたりする(事件ファイル#16)など、ファッションや流行に関しては疎い一面もある。
  • 響 カノンひびき かのん黒川芽以
    探偵事務所「アマデウス」助手。クラシック音楽には疎いが、音感だけは抜群。
    天出のことは「所長」と呼び、天出からは「響君」と呼ばれている。自身の親代わりとなっている[3]天出を慕っており、また、天出に対して恋愛感情のようなものを見せる[4]場面もあるが、天出からは巧くはぐらかされている。
    楽天家であり、特に食べ物のことになると途端に活き活きとするが、生まれてすぐに父親が家を出て行ってしまい、父親の顔を知らずに育ったこともあり、事件ファイル#83では亡くなった父親に対して侮蔑的な発言をした依頼人に対して思わず怒りの感情を見せるシーンもあった。
    また、思ったことをすぐ口にしてしまい、そのことで依頼人を怒らせたり傷付けてしまう場面もあり、天出から叱られることも多々ある[5]
  • ディープ内藤ディープないとう高橋ひとみ
    売れない女流ミステリー作家。天出の大学時代の先輩であり、天出のことを「うすおちゃん」と呼び、天出からは「先輩」と呼ばれている。これまでに6回登場し、天出に仕事を依頼しては、その成果をネタに本を書いている[6]
    天出の過去についてもよく知っているようで、ウィーンから帰国し、傷心で家に引きこもり状態となった天出に、「日本の音を取り戻させる」と称して半ば強制的にカラオケスナックに連れ出したり、「のほとりの別荘に籠って、愛情を育み、そして、歴史に残る愛の名作ミステリーを書くの!」と言って天出を3泊4日の旅へ連れ出そうとするなど、強引な面も多々見られる(事件ファイル#87)。
    最後の登場回である事件ファイル#87のラストで、国際的に活躍する15歳年下の探偵とお互いに一目惚れで結ばれ、その彼と一緒に探偵小説を書くという趣旨のメールを天出に送り、そのまま旅立っていった。
    また、事件ファイル#55において、本名が内藤 うた子ないとう うたこであることが明かされた。

ナレーション編集

  • 阪脩
    ナレーションであるため、基本的には声のみの出演であるが、事件ファイル#50と#90においては顔出し出演もしている。

解説等編集

放送時間編集

いずれも日本標準時

- 2010年3月
  • BShi
    • 日曜 20:00 - 20:44
    • 火曜 8:00 - 8:44(「街道てくてく旅」放送中は15分遅れ)
    • 土曜 12:00 - 12:44
  • BS2
    • 金曜 8:00 - 8:44
    • 金曜 23:00 - 23:44
  • NHK総合
    • 金曜 15:15 - 15:59(休止あり)
2010年4月 - 2011年3月
太字は新たに変更される放送時間。
  • BShi
    • 月曜 19:00 - 19:44
    • 火曜 8:00 - 8:44
    • 木曜 0:00 - 0:44(水曜深夜)
  • BS2
    • 日曜 18:00 - 18:44
    • 木曜 16:00 - 16:44
  • 総合
2011年4月 -
2011年8月8日 - 8月11日(特集 オーケストラのすべて)
  • BSプレミアム
    • 月曜 - 木曜 18:00 - 18:44

各話リスト編集

制作編集

脚注編集

  1. ^ 事件ファイル#79で、響のナレーションによって「天出みね」という名前であることが明かされるが、下の名前の正式な表記は不明である。
  2. ^ 「クラシックの世界で成功することだけが、音楽の神様に愛された子の役目ではありません。人生を豊かにし、人の心を癒してくれるのがクラシック音楽なら、名曲探偵は、指揮者にも勝る大切な仕事だと思うのです」と発言している。
  3. ^ 天出自身も、事件ファイル#46で「確かに私は、この響カノンの親代わりのようなものですが、父親というわけではありません」と発言している。
  4. ^ この事はディープ内藤に見透かされており、度々いじられている。
  5. ^ ただし、事件ファイル#21や#47など、響ではなく天出の発言によって依頼人を怒らせてしまうケースもある。
  6. ^ ただし、天出が解決した事件であれば内藤が依頼した事件以外も題材にしており、事件ファイル#08は「造り酒屋シベリウス殺人事件」、#12は「天才外科医ラフマニノフ殺人事件」と題して出版している(事件ファイル#14)。

外部リンク編集