メインメニューを開く

野村万作

二世 野村 万作(にせい のむらまんさく、旧字体:萬作、本名・野村 二朗(のむら じろう)、1931年昭和6年)6月22日 - )は、狂言和泉流能楽師。「万作の会」主宰。東京出身。東京都立小石川高等学校早稲田大学文学部卒業称号 (現学位)文学士紫綬褒章人間国宝練馬区名誉区民

にせい のむら まんさく
二世 野村 万作
生年月日 (1931-06-22) 1931年6月22日(87歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 狂言師
ジャンル 舞台
活動期間 1934年 - 現在
活動内容 1934年:初舞台
1950年:二世万作を襲名
1990年:日本芸術院賞紫綬褒章
2007年:人間国宝
2015年:文化功労者
配偶者 阪本若葉子(詩人)
著名な家族 父:六世野村万蔵
兄:七世野村万蔵(野村萬)
弟:野村四郎
弟:野村万之介
子:二世野村萬斎

目次

概要編集

来歴編集

人間国宝六世野村万蔵の次男として生まれる。3歳で初舞台を踏み、1950年(昭和25年)に二世万作を襲名。戦後の伝統芸能不遇の時代から狂言の普及に努め、広い支持を集めた。

以後芸術祭大賞日本芸術院賞紀伊國屋演劇賞坪内逍遥大賞など受賞多数。1990年(平成2年)には紫綬褒章受章。2007年には父に続いて人間国宝に各個認定されている。

人物編集

釣狐』を都合26回もつとめてその役柄を磨き上げたことに代表されるように、本来は地味だが芯が太く、芸に関しては情熱的で妥協を許さず、何かをこうと決めたらそれをとことんまで追究する性格。能楽ファンはそんな万作に早くから注目していたが、一般にはどちらかというとあまり目立つ存在ではなかった。しかし1977年に「ネスカフェゴールドブレンドの「違いの分かる男」に選ばれてCM出演をするようになると、その名と顔が一躍全国のお茶の間にまで知られる存在となった。

家族編集

妻で詩人の阪本若葉子阪本越郎の長女)との間に、一人息子の二世野村萬斎、孫に野村裕基(萬斎の長男)。また兄に七世野村万蔵(野村萬)、弟に野村四郎野村万之介がいる。甥に九世野村万蔵二世野村万禄がいる。

年譜編集

出版物・参考文献編集

本人著書に自伝的随筆の『太郎冠者を生きる』(野村万作 著、白水社 1984年、ISBN: 4560032289、白水Uブックス 1991年)がある。

また狂言師野村万作を多角的に分析した芸談に『狂言 三人三様 野村万作の巻(最終回)』(野村萬斎・土屋恵一郎 編、岩波書店 2003年)がある。

外部サイト編集