金井 景子(かない けいこ、1957年 - )は日本近代文学の研究者。早稲田大学教育学部教授

大阪府出身。1989年早稲田大学大学院国文科博士後期課程満期退学。中学、高校、専門学校、短期大学、進学塾などで国語と文学を教える。1997年亜細亜大学教養部助教授に就任。1999年、早大助教授となり、2003年に教授に昇任。

川端康成正岡子規の研究からスタートしたが、教育界や学界の男女間格差などから次第にフェミニストとして主張を始める。大学では専門のほかに、ジェンダー論の授業を担当。ジェンダーフリーについても国語教育との結びつきを模索し、「男の子もスカートを穿く」ということが本人評として話題になっているが、異なる身体、異なる視点を体験することで、性の枠にとらわれ過ぎないことが、豊かな人生に繋がると本人は語っている。ジェンダーフリーを単純に男女の差をなくすことだとするような原理主義はとらず、こころや言葉、身体の自由をどのように獲得するかを実践的に追究している[要出典]。水俣へも持続的に関心を示している。

日本大学教授・紅野謙介と結婚しており、その父は早大国文科の名誉教授・紅野敏郎である。

著書編集

  • 真夜中の彼女たち 書く女の近代 筑摩書房 1995

共編著編集

  • 女子高生のための文章図鑑 筑摩書房 1992
  • 男子高生のための文章図鑑 筑摩書房 1993
  • 文学がもっと面白くなる 近代日本文学を読み解く33の扉 共著 ダイヤモンド社 1998
  • 幸田文の世界 共編 翰林書房 1998
  • ジェンダー・フリー教材の試み 国語にできること 編著 学文社 2001
  • 声の力と国語教育 大津雄一 学文社 2007

外部リンク編集