メインメニューを開く

金 容培(キム・ヨンベ、김용배)は大韓民国軍人実業家。第17代陸軍参謀総長を務め大将に昇進した。太極武功勲章授与者。

金容培
生誕 1923年4月21日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮京畿道京城府
死没 (2006-03-13) 2006年3月13日(82歳没)
大韓民国の旗 大韓民国ソウル特別市
所属組織

大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍

Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
軍歴 少尉(日本陸軍)
大将(韓国陸軍)
墓所 国立大田顕忠院将軍第1墓域32号
テンプレートを表示
金容培
各種表記
ハングル 김용배
発音: キム・ヨンベ
テンプレートを表示

人物編集

1923年4月21日、京城府に生まれる。1942年、京畿高等学校卒業。1944年、京城法学専門学校卒業。学徒出陣して日本陸軍少尉。

1946年3月23日付で軍事英語学校を卒業して少尉に任官(軍番10077番)[1]。第1連隊C中隊小隊長。以後、第7連隊や第13連隊に在任して中領まで昇進した。1949年1月15日、第1師団参謀長[2]。同年9月17日、第8師団第21連隊長[3]

1950年1月から6月まで陸軍歩兵学校教育課程に入校。朝鮮戦争が勃発すると東海岸の戦闘、7月の遅滞作戦、釜山橋頭堡の戦いで勇戦。1950年10月、第3師団副師団長。

1951年1月、第7師団副師団長。中国人民志願軍の2月攻勢、キラー作戦、4月攻勢で師団長を補佐した。同年4月27日、陸軍本部作戦教育局要員。同年5月28日、第7師団長。6月の917高地争奪戦を指揮。8月、ヤンガルレ高地(732高地)を占領。以後、西南地区戦闘司令官、晋州地区衛戍司令官を歴任。

1952年3月、陸軍歩兵学校副校長。同年5月、陸軍本部人事局長。

1953年2月、第7師団長。前哨陣地争奪戦を展開した。

1954年6月から翌年までアメリカ陸軍指揮幕僚大学に留学。

1955年7月、陸軍本部人事局長。

1956年1月、金昌龍中将暗殺事件調査委員。同年9月、陸軍本部企画参謀副長。

1959年7月、任少将第1軍団長

1960年4月、第5軍団長。

1960年10月、陸軍本部情報参謀副長。

1961年1月、任中将。同年5月、陸軍士官学校長。

1962年、陸軍参謀次長。

1963年6月、第2軍司令官。

1965年4月、陸軍参謀総長、任大将

1966年9月、予備役編入。

1967年1月、忠州肥料社長。

1968年、大韓重石鉱業社長。

1980年、国防部政策諮問。

叙勲編集

尹泰鉉少領即決処分問題編集

1950年7月、金率いる第21連隊は江陵からの撤退後、慶尚北道栄州邑・豊基面で防衛線を張り朝鮮人民軍第12師団との壮絶な戦闘を続けていた。このとき、独断撤退を繰り返したとして第1大隊長の尹泰鉉少領を軍法会議を経ることなく17日に銃殺した。 しかし、陸軍参謀総長による即決処分許可令が発動されたのは8日後の25日であり、したがって尹の処刑は合理的な根拠のないものであった。

当時、日本軍出身の金と光復軍出身の尹とは何かと摩擦が多く、処刑も怨恨によるものとの噂が流れたが、真相は定かではない[5]

真実和解の為の過去史整理委員会朝鮮語版による調査の結果、2008年に尹の名誉回復がなされ、国が正式に遺族に謝罪した[6]

出典編集

  1. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、88頁。
  2. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、211頁。
  3. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、209頁。
  4. ^ Kim Yong Bae”. Military Times. 2015年12月30日閲覧。
  5. ^ 6·25를 가로지르다
  6. ^ “韓国戦争の時「即決処分」尹泰鉉少領真実究明(“한국전쟁때 ‘즉결처분’ 윤태현 소령 진실규명 ”)”. ハンギョレ. (2008年11月27日). http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/324473.html 2016年5月5日閲覧。 

参考文献編集

  • 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国篇 上巻 建軍と戦争の勃発前まで』原書房、1976年。

外部リンク編集

軍職
先代:
姜英勲
  大韓民国陸軍士官学校校長
第16代:1961.5.22 - 1962.5.28
次代:
朴重潤
先代:
張昌國
  大韓民国陸軍第2軍司令官
第7代:1963 - 1965
次代:
朴璟遠
先代:
閔キ植
  大韓民国陸軍参謀総長
第17代:1965.4.1 - 1966.9.1
次代:
金桂元