金 明秀(김명수、1968年 - )は、日本社会学者関西学院大学社会学部教授。専門は計量社会学社会階層論社会意識論[1]在日韓国人[2]3世[3]

経歴編集

福岡県生まれ[2][3]福岡朝鮮初級学校福岡大学附属大濠高等学校等を経て、1990年九州大学文学部哲学科社会学専攻卒業、1996年大阪大学大学院人間科学研究科博士課程単位取得満期退学1997年大阪大学博士(人間科学)[4]京都光華女子大学人間科学部准教授関西学院大学社会学部准教授[5]を経て現職。

在日韓国・朝鮮人の歴史や文化を取り上げるウェブサイト「ハン・ワールド[5]1995年から主宰している[6]

著書編集

共著編集

脚注編集

  1. ^ 金明秀の履歴書2010年度版より
  2. ^ a b 桜井哲夫[要曖昧さ回避] (1997年4月13日). “在日韓国人青年の生活と意識 福岡安則・金明秀著(書評)”. 朝日新聞・朝刊: p. 13  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ a b “金明秀・光華女子大講師 連帯に手ごたえ(21世紀の知)”. 朝日新聞・朝刊・京都: p. 22. (1999年8月6日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ 在日韓国人青年のエスニシティ形成に関する社会学的研究 金明秀”. 国立国会図書館. 2013年5月1日閲覧。
  5. ^ a b 金明秀 | 著者 | SYNODOS -シノドス-
  6. ^ 京 (1997年1月23日). “「The HAN World」(楽々!クリック)”. 朝日新聞・夕刊: p. 3  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧

外部リンク編集