メインメニューを開く

金泉(亀尾)駅(キムチョン(クミ)えき)は大韓民国慶尚北道金泉市南面にある韓国鉄道公社(KORAIL)京釜高速線である。

金泉(亀尾)駅
김천(구미)
キムチョン(クミ)
Gimcheon(Gumi)
大田 (73.8km)
(58.3km) 東大邱
所在地 大韓民国の旗慶尚北道金泉市南面玉山里790
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 普通駅
所属路線 京釜高速線
キロ程 215.9km(始興連結線分岐(京釜線)起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
918人/日(降車客含まず)
-2010年-
乗降人員
-統計年度-
1,814人/日
-2010年-
開業年月日 2010年11月1日
金泉(亀尾)駅
各種表記
ハングル 김천(구미)역
漢字 金泉(龜尾)驛
片仮名
(現地語読み仮名)
キムチョンクミヨク
英語 Gimcheon(Gumi) Station
テンプレートを表示

目次

概要編集

京釜高速線KTXSRT停車する。

正式な駅名表記は「金泉(亀尾)駅」と括弧が付いている。これは金泉市亀尾市の2つの都市名から駅名をとったが、実際の駅の所在地は金泉市となっているためである(なお、京釜高速線は亀尾市内を通過していない)。

2004年4月1日、京釜高速線の1期区間(光明 - 東大邱)開業時には、大田 - 東大邱間には駅が設置されなかったが、2010年11月1日、同線の2期区間(東大邱 - 釜山)開業時に当駅が新設された。それまで金泉、亀尾周辺の住民の便宜を図るため、2007年6月から2010年10月までKTXの一部列車が京釜線(在来線)に乗り入れ、金泉駅亀尾駅に停車していた。

駅構造編集

相対式ホーム2面4線を持つ高架駅。中央の2線は通過線(本線)となっており、ホームに接しているのは副本線である。

のりば編集

1 京釜高速線 KTX・SRT 東大邱新慶州釜山方面
通過線2線
2 京釜高速線 KTX・SRT 大田龍山ソウル水西方面

利用状況編集

年度 利用人員
KTX
2010年[1] 下り 乗車 10,965
降車 43,568
上り 乗車 45,052
降車 11,090
2011年[2] 下り 乗車 68,729
降車 303,523
上り 乗車 309,697
降車 72,290
2012年[3] 下り 乗車 71,120
降車 329,512
上り 乗車 333,215
降車 73,596

駅周辺編集

駅周辺は山間の小さな谷間の田園地帯であり、金泉の中心市街地は西へ5kmほど離れている。亀尾の中心市街地はさらに遠く、直線距離で東へ10km以上離れている。いずれの方面にも路線バスが運行されている。

歴史編集

隣の駅編集

韓国鉄道公社
京釜高速線
KTX・SRT
大田駅 - 金泉(亀尾)駅 - 東大邱駅

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集