メインメニューを開く

釜山高等学校(プサンこうとうがっこう)は、大韓民国釜山広域市東区に所在する公立高等学校釜山広域市教育庁が所管する。

概要編集

朝鮮総督府により、朝鮮で2番目に設立された旧制中学校以来の歴史がある。

日本統治時代は、主に内地人(日本人)生徒のための学校であったが朝鮮人生徒の入校も可能であった。1925年全国中等学校優勝野球大会の本大会には、朝鮮代表として出場している。

1945年8月15日、日本の敗戦により内地人が本土へ帰還したことで、韓国人のみの学校として再出発した。1951年の学制改革によって同校は新制の釜山中学校[1]と釜山高等学校に分割され、現在に至っている。

沿革編集

  • 1913年3月9日 - (官立)釜山中学校開校。
  • 1915年 - 年末に寄宿舎竣工。
  • 1925年 - 朝鮮総督府から慶尚南道に移管され、釜山公立中学校に改称。全国中等学校優勝野球大会に出場(2回戦で山口県立柳井中学校に敗れる)。
  • 1942年 - 釜山第二公立中学校(現・慶南高等学校)開校に伴い、釜山第一公立中学校に改称。
  • 1945年8月 - 1946年に、日本の敗戦および内地人引き揚げ。
  • 1946年3月 - 大韓民国の学校として新たに開校する。修業年限を6年制に変更。
  • 1951年9月 - 学制改革によって、釜山中学校(3年制)と釜山高等学校(3年制)に分かれる。

著名な出身者編集

参考文献編集

  • 稲葉継雄『旧韓国~朝鮮の「内地人」教育』九州大学出版会、2005年
  • .渡部学・阿部洋編『日本植民地教育政策史料集成. 朝鮮篇 第53巻 - 第62巻』龍渓書舎、1988年

脚注編集

  1. ^ 1970年草梁中学校に改称後、1992年旧名に復す。

外部リンク編集