メインメニューを開く

鈴木 文次郎(すずき ぶんじろう、1875年明治8年)12月12日[1] - 1943年昭和18年)11月20日[1])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

経歴編集

東京府出身[1][2]。1896年(明治29年)11月、陸軍士官学校(第8期)を卒業し、1897年(明治30年)6月、騎兵少尉に任官[3]。1913年(大正2年)1月15日に騎兵第25連隊長に就任し、1918年(大正7年)7月24日に騎兵大佐に昇進して軍馬補充部七戸支部長となる[2]。1921年(大正10年)7月20日に騎兵第16連隊長を経て、1922年(大正11年)8月15日に陸軍少将に進み騎兵第3旅団長となる[1][2]。1924年(大正13年)2月4日に軍馬補充部附[2]、その後、1925年(大正14年)5月1日に待命、同月25日に予備役に編入された[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『日本陸軍将官辞典』401頁。
  2. ^ a b c d e 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』136頁。
  3. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』132、136頁。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。