メインメニューを開く

鈴田村

日本の長崎県東彼杵郡にあった村

鈴田村(すずたむら)は、長崎県東彼杵郡の南部にあった村。戦時中の1942年(昭和17年)、東彼杵郡南部の各町村と合併を行い市制施行、大村市となった。

すずたむら
鈴田村
廃止日 1942年2月11日
廃止理由 新設合併・市制施行
大村町福重村萱瀬村松原村鈴田村三浦村大村市
現在の自治体 大村市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
東彼杵郡
総人口 2,153
国勢調査、1940年)
隣接自治体 諫早市、東彼杵郡大村町三浦村
鈴田村役場
所在地 長崎県東彼杵郡鈴田村岩松郷
 表示 ウィキプロジェクト

現在の大村市鈴田地区にあたる。

地理編集

  • 河川:鈴田川、古松川、針尾川、稲川内川、白鳥川、内倉川
  • 湾:大村湾

沿革編集

『大村郷村記』によれば、古くは「今里村」と称した時期があったとされる[1]。「鈴田」の地名の由来は、地内の鎮守地主大明神の社脇の田地からかつてが掘出されたことによると伝えられる[2]。鈴田村は江戸中期頃に「上鈴田村」「下鈴田村」の2村に分かれた時期があったが、1814年(文化11年)に再び1村に統合されている[1]

地名編集

を行政区域とする。鈴田村は1889年の町村制施行時に単独で自治体として発足したため、大字は無し。

  • 岩松郷
  • 大里郷
  • 陰平郷[3]
  • 中里郷
  • 平小川郷(ひらおがわ)

名所・旧跡編集

  • 鈴田牢
  • 鈴田道意館跡
  • 塔の峰城跡
  • 岩松城跡
  • 鈴田番所跡
  • 久良寺跡
  • 西明寺跡
  • 庵寺跡
  • 無量寺跡
  • 西光寺跡
  • 幸久寺跡
  • 福王寺跡
  • 皿山跡

交通編集

鉄道編集

村域を日本国有鉄道大村線が通るが、駅は設置されていない。

現在、旧村域には大村市発足後の1945年(昭和20年)より、岩松駅が設置されている。

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 角川日本地名大辞典 42 長崎県「鈴田村(近世)」
  2. ^ 角川日本地名大辞典 42 長崎県「鈴田」
  3. ^ 「蔭平郷」の表記も見られる。

関連項目編集